2024年6月21日(金)

BBC News

2024年5月31日

ドナルド・トランプ前米大統領が「不倫口止め料」の支払いをめぐって業務記録に虚偽記載をしたとして罪に問われた裁判で、ニューヨーク州地裁の陪審団は30日、34件の罪状すべてについて有罪とする評決を出した。アメリカの大統領経験者が刑事裁判で有罪とされたのは初めて。

陪審員12人は2日間の評議の末、全員一致で前大統領を有罪とする評決に達した。

量刑は7月11日に裁判長が言い渡す。前大統領は禁錮の実刑判決を言い渡される可能性もあるが、法律の専門家らは罰金刑の可能性が高いとみている。

トランプ前大統領は裁判のあと、有罪評決を「みっともないこと」だとし、裁判を指揮したホアン・マーシャン裁判長を非難した。

また、「最後まで戦い続ける」、「まだ終わっていない」と述べ、控訴する考えを示した。「本当の評決は(大統領選がある)11月5日に国民が出す」とも述べた。記者団の質問には答えなかった。

前大統領を起訴し、有罪評決を獲得したニューヨーク州マンハッタン地区のアルヴィン・ブラッグ検事は記者団を前に、被告人が前大統領というアメリカの歴史上、類を見ない人物だったものの、自分たち検察のチームはこの事件を他の事件と同じように扱ったと説明。

「何事も恐れず、えこひいきせずに事実と法律に従った」と述べた。

提供元:https://www.bbc.com/japanese/articles/ckrr744j9nno


新着記事

»もっと見る