ブルキナファソ見聞録

2014年3月19日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岡田綾 (おかだ・あや)

JICA職員

1982年兵庫県西宮市生まれ。小学校6年生のときに阪神・淡路大震災を経験。2005年京都大学文学部社会学科、2007年同大学大学院地球環境学舎環境マネジメント専攻修士課程修了。環境やコミュニティ防災について学ぶ。就職活動では、「その人自身のせいではないが、理不尽な境遇におかれてしまった人のために仕事をしたい」と考え、他の関心事項であった「途上国・国際協力」も満たす組織として、独立行政法人国際協力機構(JICA)を志望し、2007年入構。地球環境部、広報室などを経て、アフリカ勤務を希望し、2012年12月よりブルキナファソ事務所に赴任。

ラシィナくんに憧れる
次の挑戦者を応援し続けられるか

 ラシィナくんの渡日が決まり、彼のチームメイトに感想を聞いたら「うらやましいと思う。でもラシィナが日本に行くのは僕たちのチャンスでもあるから。彼が日本で野球を頑張って、またブルキナファソに戻ってきたら、その経験は僕たちの経験にもなる。彼がいない間、僕もここで野球を頑張りたい。」と語った。「僕もいつか日本に行きたいけどね」と加えることも忘れなかった。

 今、日本でブルキナファソ野球を知ってくださっている方は、ラシィナくんのことを知っているという方だと思うが、今年の夏には、新たに4人の少年が約3カ月を日本で過ごす予定だ。球団ではないけれど、出合隊員の地元・北海道で野球に汗を流す。パイオニアとなっているラシィナくんにどうしてもスポットライトが当たりがちだが、本当にブルキナファソ野球の未来を考えるなら、ラシィナくんに続く少年少女のことも忘れてはならない。ラシィナくんに憧れる次の挑戦者を応援し続けられるか。在留邦人総出で盛り上げる今の雰囲気が、彼らの後押しになっていることを信じて、繋いでいきたいと思う。

夏に渡日予定の内の3名 左:サノ― アミドゥ(17)、中:ダオ ジュニオール(18)、右:カッファンド アミドゥ(16)

 ラシィナくんの出発の日、ラシィナくんの所属チームと日本人チームとでソフトボールでの壮行試合を行った。試合中盤では、未来の野球少年もバッターボックスに立った。選手の家族も応援に来てくれ、「今度は出場したい」という声もあったようだ。じわじわと広がる野球の可能性と、ブルキナファソと日本の絆の深まりを感じた土曜日の午後。最後は、ラシィナくんの日本語での決意表明で締めくくられたが、その少し前、ラシィナくんと杉山隊員が輪から外れ、こそこそとどうやら決意表明の日本語の確認をしているらしい様子を見つけた。たぶん、多くの人は気づいていなかったと思うけれど、ここで書いてしまって良かっただろうか。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る