サイバー空間の権力論

2014年8月14日

»著者プロフィール
閉じる

塚越健司 (つかごし・けんじ)

拓殖大学非常勤講師

1984年生。専攻は情報社会学、社会哲学。著書に『ハクティビズムとは何か』(ソフトバンク新書)、共編著に『「統治」を創造する』(春秋社)、など。TBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』火曜ニュースクリップ担当としてレギュラー出演中(http://www.tbsradio.jp/dc/)。

サイバー空間と現実空間の一致

 もしこのような事態が現実化すればどうだろう。中国は自国民の統制をより強固に図り、メディアプロパガンダにより国際政治の視点からは到底許容できない経済的・政治的・軍事的行動を取りやすくなる。もちろん、そうした行動に走らせないようにすることこそが、国際社会全体の役割である。

 とはいえ、中国の戦略にも納得できる点はある。今回の海外製品締め出し事件の背景には、アメリカ製品のセキュリティ不信が第一にあり、アメリカが中国に秘密裏のサイバー戦争を仕掛けていると中国が捉えたからであり、その指摘は正しい(無論、中国もアメリカに同様の攻撃を仕掛けていることは間違いないが)。

 ただし、アメリカへの対応としての海外製品締め出しと自国製品の普及は、結果的に中国のスタンドプレーを促進する効果を生んでしまうのではないだろうか。国際情勢が不安定化する中で、こうした細かな点にこそ権力行使の匂いを嗅ぎ取り、注意していかなければならないだろう。今後も中国の動きに注目したい。

[特集] サイバー戦争

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る