2024年7月18日(木)

インドでイクメン始めました 新任取締られ役の子育て・ビジネス奮闘記

2014年8月27日

ビーチで大勢のインド人に抱っこされる

 出張でドタバタした翌々週は祝日を利用して、南インドのケララ州に家族旅行に行きました。モンスーンのねっとりした風と雨に洗われた緑が美しく、人も大らかでとてもリラックスできる土地柄です。飛行機内で娘が泣いても誰も気にしませんし(日本にいる時に感じる無言のクレームオーラーがないのです)、至る所で娘を可愛がってくれて、インドでの家族旅行は本当に気が楽です。ビーチに行った時は、大勢のインド人に抱っこされて、このまま連れさられてしまうのではと心配になるくらい、遠慮なしに可愛がってくれました。子どもは皆の宝物との考え方を皆が自然に持っていることが、よく分かります。平均年齢が25歳の国というのは、みんなの目線が老後ではなく、まだ子ども時代に近いというのも、影響しているのかも知れません。

アレンジされた結婚をして、大家族で暮らす

 まだ知ったばかりで深いことは言えませんが、インド人の家族観について感じたことを書きます。

 会社などでインド人から「結婚しているか?」と聞かれて、そうだと答えると、「”arranged marriage” (お見合い結婚)か"Love marriage” (恋愛結婚)か」という質問を良くされます。自分は恋愛結婚だけど、あなたはと聞き返すと、大概のインド人夫婦がお見合い結婚であることが分かりました。

 学生時代に付き合っている人がいたとしても、結婚する時は家族に認められた相手とするのが、失敗のない結婚方法のようです。理由を聞くと、インドの社会保障(子育て、健康保険、老後保障)は脆弱なので家族で助け合わないと難しい。その時、家族の承認を得られないパートナーと一緒になっても、先々うまくいかないんだ、とのことでした。一方で、地方出身者を中心にどんどん核家族も増えているので、こうした考え方も少しずつ変わってきていると聞きますが、従前と残る階級の影響もあり、インドの家族観は日本人のものとは大分違うようです。ニコニコしたインド人家族にも色々あるようです。

 娘は最近、インド人が多く通うプレスクール(幼稚園)に通い出しました。次回はインド人プレスクール事情をお伝えしたいと思います。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。


新着記事

»もっと見る