エネルギー問題を考える

2014年9月17日

»著者プロフィール
著者
閉じる

竹内純子 (たけうち・すみこ)

NPO法人国際環境経済研究所理事・主席研究員

慶応義塾大学法学部法律学科卒業。1994年東京電力入社。2012年より現職。水芭蕉で有名な国立公園「尾瀬」の自然保護に10年以上携わり、農林水産省生物多様性戦略検討会委員や21世紀東通村環境デザイン検討委員等を歴任。その後、地球温暖化の国際交渉や環境・エネルギー政策への提言活動等に関与し、国連の気候変動枠組条約交渉にも参加。自然保護から原子力損害賠償制度を含むエネルギー政策論まで幅広く、活動・提言を行なっている。消費生活アドバイザー。著書に『みんなの自然をみんなで守る20のヒント』(山と渓谷社)、『誤解だらけの電力問題』(ウェッジ社)。日経ビジネスオンライン「アベノミクスをコケさせない処方箋」

 最初にスマートメーターによる電力消費量データ伝送の考え方を、図1により説明する。

 スマートメーターから電力消費量データの伝送は、主に2つのルートがあり、図2のAルート、Bルートがこれにあたる1。Aルートは電気料金算定用のデータを集めるのが主目的であり、Bルートは需要家の家庭内に直接データを伝送しHEMS(Home Energy Management System)等を通して、新たなサービスを提供することが主目的である。

 議員が、「電力消費量のデータが4時間経たないとわからない」と言及しているのは、Aルートを指している。ここのデータ伝送の頻度については、このブログ掲載後、議論が進んで、30分間のデータを次の60分の間に送る仕様に見直すことで決着したようだ。高圧需要家で30分でやっていることが60分になるのは、データの量が2ケタ増えるのが主な原因と聞いている。

 とはいえ、「電力消費量のデータが4時間経たないとわからない」仕様が、スマートでないと揶揄されることかと言うと、このようなデータのフィードバックは、海外では翌日になるのが主流である。ロードプロファイリング2を適用している事例が多いので、そのようなニーズが少ないこともあると思うが、4時間以内に伝送する仕様でも、海外では過剰な設定だと思われるだろう。それではピークカットに役立たない、というが、そのためにBルートが用意されている。Bルートはほぼリアルタイムでデータの伝送が可能であるし、電力消費量も30分毎ではなく、もっと細かい粒度のデータ(例えば5分毎)として活用が可能である。Aルートは、もともと電気料金の算定のためのデータ採取が主目的であるので、30分毎の消費電力量以上に細かい粒度のデータの採取は必要ないし、費用を考えればするべきでもない。

1:正確にはもう一つCルートがあるが、ここでは省略する。
2:ロードプロファイリングとは、サンプルデータ等を用いて消費者グループの平均的な消費パターンを推計すること。この手法を用いることで、需要予測の透明性・中立性・精度の向上をはかるとともに、決済の時間区分に対応したメーター(インターバル・メーター)による計量を行わずに通常のメーター(例:月間の使用量(kWh)を計測するメーター)のままで推計された需要をもとにインバランス決済を行うことが可能となる。
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/electric_power_industry_subcommittee/005_002/pdf/002_004.pdf

関連記事

新着記事

»もっと見る