地域再生のキーワード

2015年7月22日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 ある日、金子さんの店に、常連だった俳優の中尾彬さんが、テレビ番組で一緒になった岸博幸・慶應義塾大学教授を連れてきた。金子さんは岸教授に、そんな夢を語ったのだという。

門脇光浩・仙北市長

 「それなら地方創生特区に立候補したらいいですよ」。経済産業省出身の岸教授のアドバイスで、夢物語はどんどん現実の計画へと変わっていくことになる。岸教授は金子さんと一緒に門脇光浩・仙北市長を訪ねたが、市長も一気に乗り気になった。

 今年3月、政府は仙北市を、愛知県や仙台市と共に「地方創生特区」に指定した。安倍晋三内閣がアベノミクスの柱と位置づける国家戦略特区のひとつになったのだ。「国有林野の民間開放特区、農林・医療ツーリズムのための改革拠点」という位置づけだ。

 門脇市長は、「今回の特区指定を機に、農業体験などを目玉にしたグリーンツーリズムや、温泉での湯治を柱とするヘルスケアツーリズムの拠点として磨きをかけたい」と抱負を語る。

 仙北市の北部には湯治場として有名な玉川温泉がある。難病に効果があるとして岩盤浴などに訪れる人が多い。温泉の効用によって病気の予防や重篤化を防げれば、医療費を抑制するという国の方針にも合致する。「医療と温泉を分けて考えず、『温泉に入院する』という考え方があっていい」と門脇市長の語り口に熱がこもる。

江戸時代に始まり日本の岩盤浴の発祥の地ともいわれる玉川温泉。

関連記事

新着記事

»もっと見る