地域再生のキーワード

2015年7月22日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 今回の特区指定に当たっては、外国人医師が診療所で診察することを解禁するという項目も含まれる。もちろん医師会は強く反発しているが、仙北市は、もともと関係が深い台湾からの湯治客向けが主眼だと説明している。

赤坂のお店で生ハムをカットする金子さん

 特区指定を受けて、金子さんの周りには地域おこしに向けた仲間が集まってきた。それぞれの分野で仙北の将来を見据え、発信を続けてきた、いわば一騎当千の強者(つわもの)たちだ。彼らが、仙北の国有林に集結しつつあるのだ。

 70歳になって絵を描き始めた長岐俊彦さんは、もともとは大手百貨店などにも勤めたマーケティング専門家。芸術活動が高じて仙北に「巨木の森・野外美術館」を作った。豚の飼育は長老の加藤義直さん、国有林での放牧を担当する。豚だけでなく、羊やヤギ、ニワトリも放し飼いにし、生ハムだけでなく、ソーセージやベーコンなど様々な加工品作りにつなげるのが目標だ。

田沢湖高原にある金子さんの生ハム工房

 農業指導を受け持つ坂本公紀さんは無農薬栽培で20年以上のキャリアを持つ。坂本さんの作る有機質肥料栽培のあきたこまちは関東地方などにも根強いファンがいる。農畜産物をそのまま売るのではなく、加工したり、ブランドを付けて高く売る。いわゆる6次産業化による高付加価値戦略を狙うのだ。名産の秋田杉にも付加価値を付ける。腕を振るうのは木工のベテランである草彅三雄さんだ。

関連記事

新着記事

»もっと見る