未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

2015年8月24日

»著者プロフィール

 

お見合いと恋愛の違いとは?

 そのほかのルールで私が面白いと思ったのは、「お見合いでは、最初に会ったときに双方ともに断らなければ、交際成立とみなすこと」や、「交際成立したからと言って、ほかの人と会っていけないことはなく、『真剣交際』宣言する前なら、複数交際もOKなこと」「真剣交際となったら、ほかの異性と会えなくなる」という辺りである。

 ちなみに、真剣交際宣言をしていない場合でも、お見合いをした日から3カ月が経過すると、「結婚するかどうかを決めなければならない」とする相談所は多く、さらに、お見合いした日から6カ月が過ぎると、強制的に「結婚退会」とみなされるところもある。なお、この場合、たとえ結婚しなくても、成婚料を払うのが決まりとか。「延長」もまれにはあるらしいが。

 「だって、結婚するために会ってるんだから、だらだら付き合っても仕方ないでしょう」

 と言ったのは、ほかの結婚相談所の女性である。

 

お見合いする女性たちの悩み

 つまり、お見合いでは、「嫌でなければ」、また会うことになり、その時点で「交際スタート」となる。しかも、そういう関係の異性、複数と並行して交流するのがお見合いということだ。

 なお、たいていの相談所では、結婚退会するまでは、いわゆる”婚前交渉”を禁じており、これを破った場合には、即、「成婚料を払って退会する」決まりとなっている。

参加した女性たち

 そんな現代のお見合いシステムを利用する女性たちは、なにに悩んでいるのだろうか?

 私の前にいたきゃしゃな感じの女性は、

 「半年前に入会しましたが、最近は疲れて停滞気味です」

 と言った。30代前半だという彼女は、

 「最初はいろんな人と出会えるのが新鮮に感じられましたが、半年たって、なんの結果も出ていないので、今は疲れてきています」と言う。

 「たまにいいなと思う人はいたのですが、そういう人には振り向いてもらえずに、気に入ってもらえる人には、こちらの気持ちがなかなか入り込めなくて……」

 「わかるー」と同意したのは、その隣にいた20代半ばの女性である。

 大きな瞳が印象的な彼女は、父親に勧められて、半年前、相談所に入会した。

 「父を尊敬しているので、相手も父に選んでもらいたいくらいです」

 20代だけにお見合いは引く手あまたで、半年間で百人単位の男性から申し込みをもらった。

 「だけど、これという人に出会えてなくて……」

 この日もこれから2件のお見合いが入っていると教えてくれた。

⇒後編に続く。

*プライバシー保護のため、個人に関する事実については一部内容を変更しています。

  


▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。



 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る