メディアから読むロシア

2015年10月11日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小泉悠 (こいずみ・ゆう)

東京大学先端科学技術研究センター特任助教

1982年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科修士課程修了。民間企業を経た後、2008年から未来工学研究所。09年には外務省国際情報統括官組織で専門分析員を兼任。10年、日露青年交流センターの若手研究者等派遣フェローシップによってモスクワの世界経済・国際関係研究所(IMEMO)に留学。専門は、ロシアの軍事・安全保障政策、軍需産業政策など。著書に軍事大国ロシア』(作品社)、『プーチンの国家戦略』(東京道堂出版)、『「帝国」ロシアの地政学』(東京堂出版)。『ロシアの軍事情報を配信するサイト「World Security Intelligence」(http://wsintell.org/top/)を運営。

 こうした動きに対して西側諸国が募らせ始めたロシアへの不満に対して、プーチン大統領は次のように述べている。

(翻訳)

 尊敬する同僚のみなさん!我が国のこうした誠実かつ率直なアプローチが、最近、ロシアが野心を募らせているのだという非難の材料にされていることを指摘せねばなりません。そう言う人々にはまるで野心など少しもないかのようです。しかし、同僚のみなさん、核心はロシアの野心などにあるのではなく、現在の世界情勢はもはや耐え難いものになってきているという点にあるのです。

 実際に我々が提案したいのは、野心ではなく国際法に基づいた共通の価値や共通の利益によって統治を行い、今目の前に立ちはだかる新たな問題を解決するために努力を結集して、真に広範な国際反テロリスト連合を設立することです。反ヒトラー連合がそうだったように、反テロリスト連合は大きく立場の異なる勢力を結集し、人類に害悪と憎悪をばらまくナチスのごとき連中と決然と対抗することを可能とするでしょう。

 そしてもちろん、このような連合の中でも特に重要な参加国は、ムスリム諸国でなければなりません。というのも、「イスラム国」はこれら諸国に対する直接的な脅威であるばかりか、世界で最も偉大な宗教のひとつであるイスラム教の名誉を汚しているからです。「イスラム国」のイデオローグたちはイスラムの真似事をやっているのであり、その真の人間的な価値を損なっているのです。

 ムスリムの精神的指導者のみなさんに申し上げたい。あなた方の権威と、あなた方の導きとが、今、とても重要なのです。過激主義者の勧誘の対象になっている人が軽率な決断をしないようにせねばなりません。様々な理由からそうした決断をすでに下してしまった人、すでにテロ組織に参加してしまった人には、通常の生活に戻り、武器を置き、兄弟殺しの戦争をやめるように救いの手を差し伸べてあげなければなりません。

 ロシアは近く、中東地域における脅威の複合的な分析に関する大臣級会議を、安保理の議長国として招集します。ここではまずもって、「イスラム国」やその他のテロリスト集団と戦う全ての勢力の活動を調整することについての決議に合意できるかどうかを話し合うよう提案するつもりです。繰り返しますが、このような調整は国連憲章の原則に則らなければなりません。

 国際社会は、中東の政治的安定と社会経済的な復興のための総合的な戦略を策定することができると我々は考えています。尊敬する友人の皆さん、そうなればもう難民キャンプを作る必要はなくなります。今日、故国を離れねばならない人々の数はまず隣国で、続いて欧州で膨れ上がっています。その数は数十万になっており、今後は100万の単位になるかもしれせん。つまり、これは新たな悲劇的な難民の波であり、欧州を含む我々全てにとっての重い教訓であります。

対IS「大連合」を誘うプーチン

 リビアの国家機構を再建し、イラクの新政府を援助し、シリアの正統な政府に全面的な支援を行うことは極めて重要であると考えます。

 以下の点を強調しておきたいと思います。難民の人々には同情と支援が絶対に必要とされています。しかしながら、この問題の解決は、破壊された政府を回復し、まだ残っている、ないし回復されつつある機構を強化し、困難な状態にある国及び万策尽きて故国を去らねばならなくなった人々に、軍事的、経済的、物質的な全面的援助を提供することによってしか成し遂げられません。もちろん、主権国家に対するいかなる援助も強制されたものではなく、国連憲章のみに依拠してこそ可能なのであり、そうでなければなりません。国際法の規範に従ってこの分野で行われ、あるいは行われるであろう全てのことは、国際連合の支援を得ねばならず、国連憲章に違反する全てのことは拒絶されるべきです。

 尊敬する同僚の皆さん、国連の下における国際社会の枢要な課題は、平和並びに地域的及びグローバルな安定を維持することです。

 我々の見方によれば、これは平等かつ一体的な安全保障の空間をつくりあげるということです。この安全保障は全ての人々のためのものであって、選ばれた人のものであってはなりません。たしかに労多く、困難な作業ですが、これに代わるものはないのです。

(翻訳ここまで)

 ISの脅威と欧州を悩ませる難民問題を取り上げた上で、対IS「大連合」の設立を訴えるのがこの箇所の主眼と言えよう。ここで重要なのは、それをあくまでも国連の枠組み内において行い、かつシリアのアサド政権を唯一の正統な政府として支援することが打ち出されている点だ。

関連記事

新着記事

»もっと見る