2022年8月8日(月)

秋山真之に学ぶ名参謀への道

2009年11月21日

»著者プロフィール

 誤解してはいけません。色白で喧嘩に弱い子規とちがって、真之は真っ黒けの腕白小僧でガキ大将でした。才能が共通していてしかも性格がちがうから、ふたりは惹かれ合って親友となったのです。類だけをもって集まってもしかたない。

 いかがですか。真之と共通する子供時代の天地人の記憶がなにかあれば、あなたはめぐまれている。もし共通項がなければ、ハンデがあると覚悟して、いっそう努力するしかない。秋山兄弟のなかでも努力して大成したのは好古と真之だけなのですから。

 次回は、真之がどんな学習努力を自らに課したか。そこを見ましょう。

 

◆『甦る秋山真之』(上・下巻)

 

 

 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る