地域再生のキーワード

2017年4月1日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

地域通貨「よろづ屋」のマーク

 センスの良い人たちを惹きつけているのは、自然や学校教育だけでなく、そこに面白い人たちが集まっているから。人が人を呼ぶ相乗効果が起きているわけだ。このコラムでも取り上げた徳島県神山町で起きている現象と同じである。しかも、藤野は東京まで1時間半。東京にビジネス拠点を持ち続けながら、田舎暮らしもできる。そんな立地も多くの「自由人」を引き寄せている。

 髙槗さんはそんな人たちが加わるコミュニティー「トランジション藤野」の中心メンバーとしても活躍、地域通貨「よろづ屋」の運営にも携わる。「庭木の剪定を1000よろづでお願いします」といった具合にメーリングリストに投稿すると、誰かが「OK」という返事をする。「よろづ」というのは地域通貨の単位で、1よろづ=1円見当ということになっている。

 仕事をした人の「よろづ通帳」に「庭木剪定(+)1000よろづ」、一方でやってもらった人の通帳には「(-)1000よろづ」と書き込み、相互にサインをして取引が終わる。町内の芸術家作品などの購入でも「よろづ」が使えるケースが多い。7年たった今では400人ほどが地域通貨を使う。

藤野にこない人たち

桑原敏勝さん、佐知子さん夫婦

 神奈川県座間市で会社経営をする桑原敏勝さんも藤野の魅力に取りつかれたひとり。農業生産法人の藤野倶楽部を設立、お茶や有機野菜の生産販売に乗り出した。会員制の体験農園「安心農園」や農園レストラン「百笑の台所」を展開する。

 

関連記事

新着記事

»もっと見る