風の谷幼稚園 3歳から心を育てる

2010年2月25日

»著者プロフィール
著者
閉じる

野村 滋 (のむら・しげる)

株式会社コンテンツ・ファクトリー代表

情報誌会社勤務時代に取材で、創立間もない風の谷幼稚園と出会う。その後12年間、風の谷幼稚園の変遷を追い続けている。風の谷幼稚園の教育実践記『4歳の胸のうち』『5歳の誇り』を同社から出版。

 少々話は横道にそれるが、風の谷幼稚園では年中児クラスから年長児クラスに持ち上がる段階では、いわゆる「クラス替え」は行われない。「人を理解し、しっかりと関わり合い、心を通い合わせる経験を多く持たせる」という幼稚園の教育方針から、2年間、同じ仲間と活動を共にすることになる。さまざまな活動を共にする中で育まれた信頼関係と、「アドバイスをするときには具体的に」という指導を受けてきたことが相乗効果となって、アドバイスはより的確な内容になり、子どもたちはそれを受け入れる力をつけていく。この経験をすること自体が、何にも勝る最高のプレゼントではないだろうか。

 まずは仲間からの指摘をアドバイスとして受け入れることからスタートし、将来はあらゆる指摘をアドバイスと捉え、成長の糧としていけるようなたくましい心を持った人間に育ってほしい。こんな思いを胸に、先生たちの指導は続く。

 ※次回の更新は、3月4日(木)を予定しております。

風の谷幼稚園
園長・天野優子氏が、理想の幼児教育を実現するためにゼロから建設に乗り出す。様々な困難を乗り越え、1998年に神奈川県川崎市麻生区に開園。「人間が人間らしく、誇りを持って生きていく」ための教育を実践している。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る