海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年11月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

最後のオクトーバーサプライズか

 投開票日まで残すところ8日になりました。今回のクリントン候補の私用メール問題に関するFBI捜査再開が、2016年米大統領選挙における最後のオクトーバーサプライズになるのでしょうか。

クリントン候補を支持するアフリカ系の少女たち(筆者撮影@オハイオ州クリーブランド)

 2012年米大統領選挙では投開票日の11日前にハリケーン「サンディ」が主として東部ニュージャージー州及びニューヨーク州を襲い甚大な被害をもたらしました。その際、オバマ大統領はクリス・クリスティニュージャージー州知事と協力をして、即座に対策を講じてオクトーバーサプライズを切り抜けました。オクトーバーサプライズに対する候補者の「危機管理能力」が問われるのです。

 今回のFBI捜査再開に関してクリントン候補は、記者会見でコミーFBI長官を批判しました。仮に、ロシア政府が同候補が削除した3万3000通のメールの一部をウィキリークスに流しネット上で暴露したとしましょう。その中に機密情報が含まれていた場合、同候補はFBI捜査再開を超えた最大級のオクトーバーサプライズに直面することになります。このシナリオはまだ排除できませんがいずれにせよ、激戦州における同陣営の期日前投票促進運動がオクトーバーサプライズの影響力を削ぐと筆者はみています。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る