定年バックパッカー海外放浪記

2017年2月5日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年、横浜生まれ。神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

ダイアナとの従軍慰安婦論争

 隣のベッドなので、自然とダイアナとおしゃべりして過ごす時間が多くなった。歴史認識の話題になった時に従軍慰安婦問題についてダイアナが性奴隷(sex slave)という表現をしたので、私が朝鮮人慰安婦も日本人慰安婦も待遇は同じであったことを説明した。彼女は日本人慰安婦が存在したこと自体を知らなかった。日本も当時は貧しくてお金を稼ぐために慰安婦になるしか方法がなかったという事情を説明した。

 つまり慰安所を運営していた民間業者の依頼で、募集人が日本や朝鮮の貧しい農村に行って高い報酬が得られる仕事があることを説明して、両親や少女たちを説得して慰安婦を募集した。こうした募集人は慰安婦の仕事の実態を知らせず、看護婦のような仕事であるとか曖昧にしか仕事内容を説明しないケースが多かったようだとも補足した。

わりとコミカルでちょっとセクシーなミャンマー伝統舞踊

 慰安婦は民間業者から報酬を得ていたこと。その報酬は日本国内の事務員や看護婦の俸給よりも高い水準であったこと。慰安婦が日本や朝鮮の家族に送金した国際郵便為替の記録が残っていることを説明。

 要するに慰安婦の実態は韓国側が主張しているような性奴隷ではなかったことを私は強調した。そのうえで経済的理由から、慰安婦にならざるを得なかった当時の社会的貧困の実態を考えないとこの問題の本質が見えてこないと強調した。そして貧困社会における少女売春という位置づけを無視した議論は的外れであると指摘したが・・・

彼女のクールな歴史認識分析

旅立つダイアナ嬢の未来に幸あれとオジサンは祈る

 ダイアナは納得し難いと首をかしげて「いずれにせよ日本軍が慰安婦を管理して売春行為をさせていた事実は変わらないわ」と反論。「確かに慰安所の安全・治安・衛生のために軍隊が管理していたことは事実だが、軍隊が強制して売春させたわけではない」と私は指摘したが、「軍隊が管理しているという事実が、慰安婦たちへの精神的圧力となり結果的に売春を強制させたことになる。従って軍隊そして国家としての責任は否定できない。」とダイアナは反論。

関連記事

新着記事

»もっと見る