海野素央の Love Trumps Hate

2017年2月10日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

キス外交に徹するのか

 昨年ワシントンで民主党の某議員に、ニューヨークにあるトランプタワーでの安倍首相とトランプ次期大統領(当時)の会談に関して意見を求めると、突然筆者の右手をとって、キスをする真似をしたのです。

「こういう事です」

 この議員は、筆者が日本人なので「手のひらにキスをした」という上品な表現を使ったのでしょう。本音は米国人が会話で使う「けつの穴にキスをする(kiss ass)」です。安倍首相がトランプ氏に媚びて、追随していると捉えたのです。フロリダ州にあるトランプ大統領の別荘でさらなるキス外交を展開するのか、安倍首相の言動が注視されます。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る