2024年4月17日(水)

日本〝サイクル社会〟の現在地

日本各地で自転車をツーリズム振興、インバウンド誘致の切り札として利用する動きが 広がっている。また、シェアサイクルや自転車専用レーンの設置など、生活に自転車を取 り入れたまちづくりが進む。しかし、まだまだ発展途上であり、今後の課題の洗い直しも 求められている。「日本型の自転車社会」はどうあるべきか、全国の実例を見て、世界各 国との比較をしながら検証する。