韓国の「読み方」

2018年4月10日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

 大西教授の言う通り、韓国の大統領には制度的に特別な権限が与えられているわけではない。しかし、韓国の大統領は帝王的と言われるほど強い権限を行使しており、そのために本来は権限を持たないはずの家族までが利権政治に巻き込まれることが続いている。

 韓国でも問題意識は持たれているのだが、主として議論は憲法改正をはじめとする制度論になる。大統領の権限を縮小する制度改正をすれば解決するという考え方だ。文化というのは内側の人にとっては当たり前のことなので、疑ってみる対象にはなりにくいのかもしれない。

 大西教授に指摘されるまでの私も、韓国社会の内側から物事を見過ぎていたので「制度の問題ではない」ことが見えていなかったように思う。そうした思い込みは怖いものだ。私たちが当然のものとして受け止め、気付いてすらいない日本の政治文化もあるのだろう。韓国の事例は、そのことを気付かせてくれると言えそうだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る