海野素央の Love Trumps Hate

2018年6月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

ファーストコンタクト

 トランプ大統領と金正恩北朝鮮労働党委員長の「ファーストコンタクト」は、最も注目すべき点です。最初に出会った時のトランプ・金両首脳の表情、動作及び声のトーンが首脳会談の成否を占ううえで、最大のポイントになるからです。いわゆるケミストリー(相性)が合うか否かも、この場面で察することができます。

 「メラビアンの法則」によれば、感情の表現は表情や声のトーン及びスピードといった非言語コミュニケーションが93%を占めます。言語はわずか7%です。トランプ・金両首脳は会談成功のイメージを創るには、まず笑顔を浮かべて、互いに敬意を示して、融和ムードを演出する必要があります。

 トランプ氏は、握手はすでに交渉の始まりであると認識しており、非常に重要な要素と位置づけています。同氏にはパワーゲームの先手をとるために、握手の「先出し」をして自ら握手を求める傾向があります。率直に言えば、大抵の日本人にはこの認識はないでしょう。

 周知の通り、トランプ氏は握手をする際、相手の手を引っ張り、態勢を崩して自分が強いリーダーであることを演出します。ファーストコンタクトで相手に揺さぶりをかけているのです。次に、相手の手の甲をポンポンと叩いて、「自分がボスだ」「自分に主導権がある」といったメッセージを発信します。

 今回の米朝首脳会談では、トランプ流握手は「禁じ手」と言わざるを得ません。世界の舞台で金氏のメンツを潰す言動は、同氏を困惑させるばかりではなく、トランプ氏にとってもマイナスであることは間違いありません。

関連記事

新着記事

»もっと見る