Wedge REPORT

2018年10月4日

»著者プロフィール
閉じる

中西 享 (なかにし・とおる)

経済ジャーナリスト

1948年岡山県生まれ。72年共同通信社に入社。88年から91年までニューヨーク特派員、経済分野を取材し、編集委員を経て2010年に退社。現在は経済ジャーナリスト。著書は「ジャパンマネーの奔流―ニューヨーク・東京・ロンドンの24時間」(1987年、ダイヤモンド社)、「日本買い 外資は何を狙っているか」(2005年、PHP研究所)など。

 一方、東日本レインズによると、8月の中古マンションの成約は2303件で前年同月で1.7%増で、4カ月ぶりに前年同月を上回った。成約価格は3318万円で同2.5%増加し、13年1月から68カ月連続で前年同月を上回っている。地域別にみると、千葉県を除く首都圏で増加、神奈川、多摩では2割増となった。東京23区では12年10月から71カ月連続で成約件数が増えている。新築の売れ行きが悪くなると中古にも影響が出やすいが、この数字を見る限り、新築が低迷しているのと対照的に、いまのところ中古は順調に伸びている。

買い取り再販

池本 洋一(いけもと・よういち)1972年生まれ。95年にリクルート入社、住宅情報誌の編集、広告に携わったのち、都心に住む編集長、住宅情報タウンズ編集長、SUUMOマガジン編集長を経て、2011年よりSUUMO編集長(現職)。国土交通省の既存住宅市場活性化ラウンドテーブル委員、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部 日本版CCRC有識者会議委員。滋賀県出身。

 中古市場が拡大している背景に、業者が中古マンション・住宅を売り主から買い取り、リフォームを施して、買いたい人に販売する買い取り再販という仕組みが13年ごろから定着したことが挙げられる。

 それまでは、売主が所有権を持ったまま売りに出していたため、物件には売主が入居したままの状態で売り出されることが多かった。このため買いたい側が買うことを検討しても、この日は売主が立ち会えるから家の中を見せられるけど、別の日だと出掛けるので、見せられないなど、日程調整においても不都合があった。

 それが、買い取り再販ビジネスが広がることにより、買い取り再販事業者が、個人の売主から買い取っているため、日程調整もしやすく、買い手が物件を見に行きやすくなった。

 また、売主が住んでいたりすると、使い古された感じがあり、新築と比較すると見劣り感がした。しかし、買い取り事業者がリフォームを施して新築と比較してあまり違わないほどきれいになっていれば、新築と同じ比較検討の土俵に上がることができるようになるというわけだ。

 また、自分で内装をカスタマイズするDIYも若者世代を中心に活発になっており、自分の好みに合わせて間取りなどを変更する楽しさも中古市場人気の一役を担っている。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る