2023年2月8日(水)

ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2018年10月3日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

半年で3%の減量を目標にしよう!

ご心配の通り、この方法で体重が目に見えて減るということはない。

しかし、「他の食習慣が同じ」であれば、これだけでごくごくわずかずつではあるが、体重は落ちてくるはず。

そもそも、皆さんは「減量ペース」をどの程度に設定しているだろうか。

ちまたのダイエット法では「ひと月で10キロ」などと謳ってるものもあるらしいが、とんでもないことで、そんなことがあったらそれは「病気」。

「ひと月で5キロ」もアブナイ。

「ひと月で3キロ」でも多い。

私は「せいぜいひと月で1キロ」くらいのゆっくりペースを目指すべきだと考える。

単純計算で「ひと月で1キロ」なら「1週間で250g」「1日40g弱」、つまりほとんどわからないくらい。

それでも「半年で6キロ」。

昔は「健康のためには標準体重を保とう」というのが体重管理の基本であったのだが、最近では「体重を少し(3%程度)減らせば、それなりの健康効果がある」というように変わってきた。

体重が80キロの男性なら2.4キロ、60キロの女性なら1.8キロだ。

健康のためにはまずこの程度の減量を目標にしよう!

この目標をひと月で達成しようとすると、けっこう無理が生ずるのでリバウンドのリスクも高い。

半年なら「わからないうちに達成」するのでリバウンドも少ないはず。

ただし、「普段の食生活をまったく変更せずに体重が減らせる」安易なダイエット法として「サプリメントを食べる(飲む)」という手段が考えられる。

しかし、サプリメントを食べるという行為は、その分だけ(ごくわずかではあっても)体重が増えることにはなるが、減ることにはつながらないということは、だれにでも理解できるだろう。

なので、この方法でダイエットは不可能。

万が一、あるサプリメントが「食べるだけで体脂肪を減少させる」というような作用があれば、それは医薬品であるし、現時点でそういう作用のある医薬品は存在しない。

仮に、今後、開発されたとしても、医師の指導下でなければ服用は許可されないだろう。

シロウトはけっして手を出してはならない!

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

編集部おすすめの関連記事

新着記事

»もっと見る