From LA

2019年3月8日

»著者プロフィール

マイノリティーを主題に

 もうひとつ重要なのは、新しい才能の発掘、今回の「ROMA/ローマ」がそうであるようなマイノリティーを主題に扱った作品など、ハリウッドが後手に回っている部分をストリーミングサービスが積極的に行っている、という点だ。

 ネットフリックスでの出演が目立つ俳優、ベン・アフレックは「ストリーミングサービスは映画の未来に投資している」と擁護する発言をしている。「すでに人々は以前より多くのプラットホームで映像を楽しんでいるし、そうすることにより時代の移り変わりの只中にいる、という実感を得ている」という。

 ネットフリックスをアカデミー賞の対象から排除すべきかどうかは4月のアカデミー会員総会でも議論される可能性があるが、会員である映画監督の中にはスピルバーグ監督に反対する意見もあり、簡単にはまとまりそうにない。

 古き良きハリウッドの伝統を守りたい派とストリーミングサービスは映像制作に新しい風をもたらした、と擁護する派で大きく意見が分かれそうだが、もし排除の方向に動けば世論からの批判にさらされることにもなるだろう。来るべくして来た問題とも言えるが、今後の動き次第ではアカデミーそのものの信頼性も揺らぐ結果につながるかもしれない。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る