野嶋剛が読み解くアジア最新事情

2019年4月19日

»著者プロフィール
閉じる

野嶋 剛 (のじま・つよし)

ジャーナリスト

1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)、『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)、『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)、『銀輪の巨人ジャイアント』(東洋経済新報社)、『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)、『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)、『台湾とは何か』(ちくま新書)。訳書に『チャイニーズ・ライフ』(明石書店)。最新刊は『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』(小学館)。公式HPは https://nojimatsuyoshi.com

テリー・ゴウこそ、中国政府の「意中の人物」?

 日本では、テリー・ゴウの出馬に対して、特に経済面で日本への影響が想定されるため、強い関心を示していくだろう。産経新聞は「ホンハイ傘下で再建を進めてきたシャープにも影響が及ぶのは必至の情勢だ。テリー・ゴウはホンハイを一代で巨大企業に成長させたカリスマ経営者で、シャープの経営にも影響力を持つだけに、退任となれば足元の業績が揺らぐシャープにとって、さらなる波乱要因になりかねない」とさっそく書いている。

 実はテリー・ゴウは今月9日に東京を訪れたばかりだった。東京の営業拠点でシャープの戴正吳会長と共に、8Kの映像技術や折りたたみディスプレイの試作品などを、来日中だった中国・広東省の幹部らにアピールしたばかりだった。

 シャープは、ホンハイの支援のもとで順調に経営再建を進めていたが、中国経済の減速とともに一時の勢いに陰りが出ているだけに、郭台銘の出馬は、シャープにとってプラスに働かないのではないかという心配が広がった。産経新聞では経済アナリストが「ホンハイは郭氏の経営力で成り立っていた企業であり、それが抜けるのは大きな問題だ」と指摘している。

 当然、中国でいくつも巨大工場を有するホンハイグループのトップであるテリー・ゴウは中国政府との密接な関係で知られている。そのテリー・ゴウこそが中国政府の「意中の人物」であるという見方も出ている。一方、テリー・ゴウは米トランプ大統領の故郷に巨大投資を行っているなど、トランプ大統領との親しい関係も報じられている。もちろん日本ではシャープの買収、東芝の半導体事業への出資などをめぐってすでに知名度は高い。世界的経営者としては、ソフトバンクグループ会長の孫正義に匹敵するかそれ以上の存在感を持つテリー・ゴウがもしも順調に国民党の総統候補に選ばれた場合、いまから8ヶ月後の台湾総統選までに、どのようなパフォーマンスと政策を見せてくれるのか、世界と台湾は期待と不安の入り混ざった眼差しで注視することになるだろう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る