WEDGE REPORT

2019年5月3日

»著者プロフィール
閉じる

矢沢彰悟 (やざわ・しょうご)

大学卒業後、スポーツカメラマンやライターとして活動するも、学生時代から携わっていたサッカー指導者としての道を本気で志すため2015年、スペインのバルセロナに。現地の監督養成学校にて監督ライセンスを取得し、現地の少年から大人までの監督、 コーチを歴任する。 スペイン監督最高ライセンスを取得し、現在は国内クラブの育成年代を指導する。

 プロとはなんだろうか?某有名テレビ番組がインタビュアーに最後に聞くような「プロフェッショナルとは?」という意味ではない。世にはスポーツ選手、カメラマン、料理人など、数々の“プロ”が存在する。では彼らと“アマチュア”の違いはなんなのだろうか?

■多くの指導者がサッカーだけで生計が立てられないスペイン

 話は変わるが、個人的な報告がある。実は3月中旬、日本に帰国し、あるクラブで育成年代チームの指導者として働かせてもらっている。

 「プロ」という単語を調べてみると、「ある物事を職業として行い、それで生計を立てている人。本職。玄人」(デジタル大辞林 小学館)と出てくる。この意味では、今の自分は幸いなことにサッカーの仕事のみで生計を立てることができているので、プロのサッカー指導者として生活していることになる。

コーチングスクールでは”プロ指導者”として仕事をするための最低限の知識を得る(筆者撮影)

 「今は」という言い方をした以上白状すると、私はスペインにいる間、サッカーの稼ぎでは生活できていない。というより、スペインではサッカーの指導者としてだけで生活することはほぼ不可能だと言っても過言ではない。

 全て包み隠さず書くと、私が第一監督として活動していた時は、クラブからの1ヶ月の給料は250ユーロ(約31250円)。さらにその時の自分にはアシスタントとしてついてくれていたスペイン人コーチがいて、彼への謝礼もその250ユーロから捻出しなければならないシステムだった。なので、実際の稼ぎはもっと少ない。こちらの家賃は何人かとシェアして、1人およそ300〜400ユーロというところだ。よって、監督としての稼ぎのみで生活することなど不可能だ。だから空いている時間は日本食レストランでホールスタッフとして働いたり、他の仕事をしたりしてギリギリの生活をしていた。

 これは私が外国人だからというわけではなく、他のスペイン人指導者も同じシステムで、ほぼ全員他に仕事を持っている。

 スペインでサッカーだけで生活するなら、一般的にはFCバルセロナなどのプロクラブ等に入るか、スペイン4部リーグ以上のチームで監督、もしくは大きなクラブのダイレクター(クラブの育成年代の責任者や、トップチームの責任者)などの職に就かなければ不可能だと言われている。コーチやトレーナーなどはほぼボランティアに近い状態だ。

 ちなみに私がコーチとして日本に帰る前にいたチームはスペイン6部に当たるカテゴリーだったのだが、監督をしていたスペイン人はやはりそれだけでは生活ができないので、普段は学校の先生として働いていた。

関連記事

新着記事

»もっと見る