BBC News

2019年11月27日

»著者プロフィール

英東部エセックス州でトラックの冷凍貨物コンテナ内で39人が遺体で見つかった事件で、うち16人の遺体が27日、ヴェトナムへ帰国した。

10月23日にエセックス・グレイズの工業団地で発見されたトラックのコンテナには、女性8人と、15歳の少年2人を含む男性31人の遺体があった。そのうち16人の遺体が27日朝、ハノイのノイバイ空港に到着し、救急車で遺族のもとへと運ばれた。

犠牲になったヴォ・ヴァン・リンさんの父ヴォ・ヴァン・ビンさんは、「もうずっと長いこと待っていた。息子が帰宅したらすぐに葬式の手はずを整える」と述べた。

ハティン省に住むヴォ・ヴァンさんはAFP通信に対し、家族は「とても悲しいが、息子がついに帰ってくるので喜んでいる」と話した。

他の犠牲者の遺体も近日中に帰国する見通しだが、具体的な日程は明らかになっていない。

ヴェトナム外務省高官によると、遺体の帰国には、1人につき遺族が6620万ヴェトナム・ドン (約31万円)以上の費用を負担しなくてはならない。ヴェトナム政府は遺族にローンを提供したが、中にはそれを受けると、家族の借金が増えるだけだと困惑する声もあるという。被害者の家族の多くは、イギリスへの密航費を捻出するためにすでに多額の借金を抱えている。

遺族支援のため、ヴェトナムでは複数の団体が募金集めに協力しており、ネット募金でもすでに11万ドル(約1200万円)以上が集まっている。

ヴェトナム人39人がトラックのコンテナで死亡したこの事件についてはイギリスとヴェトナム両国で捜査が行われており、これまでに数人が逮捕・訴追されている。

10月23日に何が

コンテナはベルギー・ゼーブルージュ港から船に積まれ、10月23日午前0時半ごろ、英テムズ川沿いのパーフリート港に運び込まれた。

トラックはこのコンテナを積み、同日午前1時5分過ぎ、パーフリートを出発。同1時半過ぎ、ロンドン近郊グレイズにあるウォーターグレイド工業団地で、救急隊員が遺体を発見した。

捜査当局は当初、被害者は中国人かもしれないとみていたが、その後の捜査の結果、ヴェトナム人だと判明した。

被害者の1人、ファム・ティ・チャ・ミさんは22日の夜、「ママ、パパ、本当に本当にごめんなさい。外国への旅は失敗しました。死にそうです。息ができない。ママとパパ、とても愛してます」と、家族に異変を伝えるメッセージを送っていた。

このトラックを運転していた北アイルランド出身のモーリス・ロビンソン被告(25)はは、昨年5月1日から今年10月24日にかけて共謀して密入国を支援したと罪を認めている。ほかにも、この期間に違法に資金を入手したと認めている。

同被告は、イギリスへの密入国を斡旋する大規模な犯罪ネットワークの一部だとみられている。

また、トラック運転手クリストファー・ケネディ被告は人身売買と密入国斡旋の罪で訴追され、12月13日の公判まで勾留されている。

ほかにも複数の人物が、事件に関わった疑いでイギリスとヴェトナムで逮捕された。

(英語記事 Essex lorry deaths: Victims' remains arrive back in Vietnam

提供元:https://www.bbc.com/japanese/50568878

関連記事

新着記事

»もっと見る