BBC News

2021年1月7日

»著者プロフィール

アメリカの連邦議会は6日午後、米大統領選の投票結果を認定するため上下両院合同会議を開いた。州ごとに選挙人団の投票を開票し、ジョー・バイデン次期大統領とカマラ・ハリス次期副大統領の勝利を最終認定する手続きが始まった。しかし審議が始まって間もなく、ドナルド・トランプ大統領の支持者たちが議事堂に大挙して押し寄せ、「トランプを支持する」などと唱えながら武器を手に議事堂内に侵入した。

議員たちは一時避難したが、警備当局は同日午後6時(日本時間7日午前8時)までに、議事堂の安全を確保したと発表した。議事堂内の記者らによると、警備責任者のこの発表を議員らは拍手をもって受け入れたという。合同会議の審議は午後8時ごろ再開された。

警察は、この騒動で女性1人が銃撃されて亡くなったと発表。さらに3人が「医療的な緊急事態」によって亡くなったとした。米メディアによると、銃撃されたのはカリフォルニア州サンディエゴ在住の元空軍兵士で、トランプ氏の支持者だったとされる。午後3時ごろ、他の侵入者らと議事堂内になだれ込んだところを私服警官に撃たれたとされる。

上院での審議再開にあたり、マイク・ペンス副大統領は、「今日は米議会にとって暗い日となった」、「議事堂に災いをもたらした人々に言う。あなた方は勝利しなかった。暴力は決して勝利しない。自由が勝利する」と述べ、議会の再開を宣言した。

与党・共和党のミッチ・マコネル上院院内総務も、「侵入者らは私たちの民主主義を妨害しようとしたが失敗した」と演説。議会として審議を再開し、「2020年大統領選の勝者を認定する」として、手続きを終わらせる考えを表明した。

ジョージア州の上院選の決選投票で敗北が決定的となったばかりのケリー・レフラー上院議員も、暴力を厳しく批判。それまでの姿勢を翻し、バイデン氏の大統領選での勝利を認めると表明した。

BBCがアメリカで提携するCBSニュースによると、トランプ政権内部では、大統領が職務を遂行できなくなった場合の権限移行について定めた合衆国憲法修正第25条の適用が話題になっているという。同条項は1967年の批准以来、用いられたことはない。

議事堂の窓を割って侵入

この日、アリゾナ州の投票結果を認定するか両院に分かれて審議していた議員たちは、トランプ氏の支持者たちが議事堂に侵入した事態を受けて、審議を中断。侵入者には銃器を持つ者も大勢いた。米メディアは、議事堂の窓を割って侵入した者たちや、上院本会議場に侵入して議長席に座る男、下院議長の執務室に侵入した男の映像などを伝えていた。

複数の議員や議会職員、記者たちは安全な場所に避難し、ガスマスクを着けるよう指示されたとツイートしていた。銃声が聞こえると書いた下院議員もいた

下院本会議場への入り口では、武装した侵入者たちと警官たちが対峙(たいじ)したという。催涙ガスが使用されたという報道も出ている。

米メディアによると、警察が議事堂から侵入者らを排除しているという。首都ワシントンの州兵も出動しているほか、ミュリエル・バウザー市長は隣接するヴァージニアとメリーランド両州にも州兵の出動を依頼している。

こうした中、トランプ政権の高官らの辞任表明が相次いでいる。サラ・マシューズ報道官は、この日の議会での混乱を辞任の理由に挙げた。メラニア・トランプ大統領夫人の首席補佐官で元ホワイトハウス報道官のステファニー・グリシャム氏も辞任したが、議会での混乱が原因かは不明。

一方、ツイッターとフェイスブックは、トランプ氏のアカウントを一時的に凍結すると発表した。規約違反があったとしている。

これに先立ちトランプ氏はホワイトハウス前で集会を開き、自分は決して敗北を認めないと演説。自分の呼びかけでワシントンに集まった支持者たちに、連邦議会議事堂へ向かうよう促していた。

支持者たちの議事堂侵入が始まると間もなくして、トランプ氏は「議事堂警察を支持してください。本当にこの国の側にいる人たちなので。このまま平和的に!」とツイートした。さらにその後、「米連邦議会にいる全員に、平和的なままでいるようお願いする。暴力はなし! 忘れないで。自分たちこそ法と秩序の政党だ。法律を尊重し、素晴らしい警官たちを尊重して。ありがとう!」とツイートした

バイデン次期大統領は午後4時過ぎ、「この国の民主主義が前例のない攻撃を受けている」と演説した。

バイデン氏は、「これは抗議ではなく混乱で、反乱に近い。直ちに終わらせなくてはならない」、「議事堂への攻撃は抗議ではない、反逆だ」と非難。「本当にショックを受けて、悲しんでいる」と述べ、「トランプ大統領に呼びかける。直ちにテレビの全国放送に出て、憲法を守るという自分の誓いを果たし、この占拠を終わらせるよう強く要求してもらいたい」と強調した。

一方のトランプ氏は午後4時すぎ、ホワイトハウスで録画した演説動画をツイート。トランプ氏はその中で、大統領選は自分が圧勝したと事実と異なる主張を繰り返し、自分が勝った選挙を「盗まれた」ことを誰もが悲しんでいるとした上で、自分の支持者に「選挙は奪われたが、もう家に帰って。平和が必要だ。法と秩序が必要だ」、「皆さんが大好きだ、皆さんはとても特別だ」、「でももう帰って」と述べた。

11月3日の大統領選では、バイデン氏が全国的に約8100万票、トランプ氏が約7400万票を獲得した。その結果、州ごとに割り当てられ大統領候補に直接投票する選挙人(定数538)のうち、バイデン氏が306人、トランプ氏が232人の票を獲得。12月14日の選挙人投票でそのように投票した。この日の連邦議会は、その投票結果を最終認定する手続きをしていた。

両氏の演説に先立ち、占拠開始時に上院本会議場にいたマイク・ペンス副大統領はツイッターで、「連邦議会で起きている暴力と破壊を中止しなさい。ただちに中止しなくてはならない。関係する人は誰も、警官を尊重し、直ちに議事堂を退去しなくてはならない」と呼びかけた。

副大統領はさらに、「平和的な抗議はすべてのアメリカ人の権利だが、この国の議事堂へのこのような攻撃は、容認しない。関係者は法の限りにおいて起訴する」と警告した。

近隣メリーランドとヴァージニア両州の知事が州兵や州警察の応援派遣を指示した。また、ホワイトハウスのケイリー・マケナニー大統領報道官は、トランプ氏がコロンビア特別区州兵を派遣したとツイートした。

議事堂での混乱を受けてワシントン市長は、午後6時以降の外出を禁止した。

ペンス副大統領は「憲法守る」と

この日に向けてトランプ氏は、上院議長でもあるペンス副大統領が選挙人団の投票結果を拒否し、自分の勝利を認定するはずだと主張していた。しかし合衆国憲法は、副大統領にそのような権限を与えていないというのが通説。

これを受けてペンス副大統領は6日午前、議会の両院合同会議が始まる前に声明を発表し、自分は4年前に合衆国憲法を守ると宣誓したのだと強調。憲法が定める三権分立の原則に照らして、自分が上院議長として一方的に、州の選挙人投票結果を拒否できるという意見は正しくないと言明した。「大統領職はあくまでもアメリカ国民のもので、アメリカ国民だけのものだ」と、ペンス氏は声明で述べた。トランプ氏の名前は出さないまでも、その要求には応じないと事実上表明したことになる。

トランプ氏はこれを受けて、ペンス氏に勇気がなかったとツイートで反発した。

憲法修正第12条には「上院議長は、上院議員および下院議員の前で、すべての認証書を開封したの後、投票を数える。大統領として最多数の投票を得た者の票数が選挙人総数の過半数に達しているときは、その者が大統領となる」と書かれている。この開票結果を認めない権限は、上院議長に付与されていない。

一部の州政府が選挙人団の投票結果を連邦政府に送付しなかった事態を受けて制定された1887年の選挙人団法は、選挙人の投票結果を検討する権限を上院議長ではなく、連邦議会に与えている。

連邦議会による選挙人団投票の認定は通常は、儀礼的な手続きだが、今回は上下両院で多数の共和党議員が認定に異議を唱える見通しという、異例の事態になっている。審議冒頭で早々に、バイデン氏が勝ったアリゾナ州の投票結果に両院の共和党議員から異議が出たため、開票・集計を中断し、両院それぞれ審議に入った。アリゾナ州で大統領選の民主党候補が勝つのは1996年以来のことだった。

アリゾナ州の投票結果について上院のみで審議を開始した際、共和党幹部のマコネル上院院内総務は、「我々はアメリカの歴史で前例のない措置を議論している。有権者の意思を議会が否決し、大統領選の結果を覆しても良いのか」と発言。「憲法は連邦議会の我々に限定的な役割しか与えていない。有権者、裁判所、各州がいずれも意思を表明した。我々がその意思を覆したりすれば、この共和国を永遠に傷つけることになる」と、共和党内から出ている異論を批判した。

その上で、「選挙に負けた側の言い分のみを理由にこの選挙結果が覆されるようなら、この国の民主主義は死のスパイラルに陥る」と強い調子で警告した。

これに対して、選挙結果に異議を唱えている共和党のテッド・クルーズ上院議員(テキサス州選出)は、不正があったと多くの有権者が信じているのだから、議会は調査委員会を開いて投票に問題がなかったが確認するべきだと主張。続いて、民主党や共和党の議員たちが、クルーズ議員の主張を批判し、審議が続いた。

米紙ニューヨーク・タイムズによると、ペンス氏は5日の時点で、自分にはバイデン氏の勝利を阻止する権限はないと告げたとされる。トランプ氏はこの報道を「フェイクニュース」だと否定し、ペンス副大統領が自分の再選に協力してくれるはずだと主張した。

下院は民主党が多数を占めるほか、上院でも共和党幹部をはじめ大多数の議員がバイデン氏の当選を認定するものとみられているため、実際に選挙結果を覆す議決に至る可能性は低いとされている。

バイデン次期大統領とハリス次期副大統領は1月20日、就任する予定。

トランプ氏は敗北認めず

大統領選の結果を受け入れず、不正選挙だったと立証されていない主張を続けているトランプ大統領はツイッターで、また共和党候補を不利にするための不正があったようだとツイートした。

首都ワシントンにはトランプ氏の呼びかけに呼応した支持者たちが集まり、5日には一部が警察と衝突。地元報道によると、少なくとも6人が銃器の不法所持や警官への暴行などの容疑で逮捕された。

6日午前からはホワイトハウスの前や近くのナショナル・モールにも、トランプ氏の支持者が大勢集まった。トランプ氏は支持者たちに、自分は決して敗北を認めないと演説した。

支持者たちはその後、連邦議会議事堂に大挙して押し寄せた。一部は建物によじ登り、議事堂内に侵入した。

(英語記事 Pence breaks with Trump over Biden win / US Congress in turmoil as Trump supporters breach building

提供元:https://www.bbc.com/japanese/55567543

関連記事

新着記事

»もっと見る