2022年10月1日(土)

人事部必見! 御社の研修ここが足りない

2012年9月11日

»著者プロフィール

■納会での笑顔を増やしたくて
人事総務グループ 遠藤瑞帆 リーダー

遠藤瑞帆さん (撮影:著者)

トップの考え、声がうまく伝わっていないという気がしていました。その要因となるのが福利厚生や人事研修など組織的に取り組む制度の出遅れだと気が付き、会社として本格的に制度拡充に取り組み始めたところです。創業10年程度の若い会社ですし、とにかく事業を広げることに手いっぱい。その中で戦力になっている社員からの退職者が出てくると、どこか組織的に不具合があるからだということに気が付きます。

全社一丸になれる企業体質を目指すには情報の共有化だけでなく、コミュニケーションの活発化、人事制度の明確化、社員と家族に喜ばれる福利厚生の充実は不可欠です。とくに人事制度では、社員が目標とする先輩の姿が見えない、という課題があります。歴史のある企業とは違いますので、10年後、20年後にはどのようなポストにいるのかなど不安がつきまとうようです。それを明確にすることで、モチベーションもアップするのではと考えています。

今は小さな所帯ですが、企業として大きな夢を実現させるためにも働く社員にキャリアプランを提示することが必要です。同時に新入社員に対してしっかりと指導していく体制を作ることは、離職率を低下させるだけでなく、多くの副次的効果があると思います。私自身は営業から異動したばかり。人事面は一から勉強中ですが、人が育つ会社にしていくことを目標に、年末の納会でみんなの元気な笑顔をみることを自身のモチベーションにしていきたい。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

新着記事

»もっと見る