2022年6月26日(日)

BBC News

2022年6月24日

»著者プロフィール

米連邦最高裁は23日、銃を持ち歩く権利を制限するニューヨーク州法を違憲とする判断を出した。銃に関する判決としては、ここ10年以上で最も重大なものとされる。他方、米連邦議会上院は同日、銃の安全対策を強化する重要法案を可決した。

銃に関する権利をめぐってアメリカ国内で激しい論争が巻き起こり、議会も超党派で対策強化へと動く中、連邦最高裁は権利を拡大する判決を出した。

ニューヨーク州法を違憲とした最高裁判決により、多くの人が合法的に銃を持ち歩けるようになると予想される。また、カリフォルニアやニュージャージーなど他州の同様の規制も存続が危うくなる。

アメリカでは国民の約4分の1が、銃に関する現行州法が違憲とされ得る州に住んでいる。

最高裁と上院

ニューヨーク州法は、銃を公共の場で見えないようにして携帯するには、州民が「正当な理由」を証明しなければならないと定めている。連邦最高裁は今回、これが合衆国憲法に違反していると判断した。

クラレンス・トーマス判事は、最高裁の多数派を占める保守派判事6人を代表し、判決文に意見を記述。米国民は自己防衛のため、「広く使われている」銃器を公共の場で持ち歩く権利をもつとした。

リベラル派のエレナ・ケーガン、ソニア・ソトマヨール、スティーヴン・ブライヤーの各判事は、多数派意見には同意しないとして反対した。

この判決により、メリーランド、カリフォルニア、ニュージャージー、ハワイ、マサチューセッツの各州で、同様の規制を法的に争うことへの道が開かれた。

ただし、連邦上院では超党派の議員グループが、銃器へのアクセスを厳しくする新たな法案を出している。23日夜には、65対33の賛成多数で可決した。銃規制に関する連邦法案として、数十年来の重要な動きとされている。

21歳未満の銃購入時の身元調査拡大などを盛り込んだ法案には、民主党議員に加えて、銃に関する権利を主張することが多い野党・共和党からも、ミッチ・マコネル院内総務をはじめ15人が賛成した。

法案にはまた、裁判官が危険とみなした人から銃を押収する緊急措置を導入している州への資金提供なども盛り込まれている。

法案は今後、下院審議に移る。下院では、銃規制に積極的な与党・民主党が過半数を占める。下院で可決されれば、バイデン氏の署名を待つことになる。

バイデン氏、判決に「失望」

アメリカでは先月、テキサス州ユヴァルディの小学校ニューヨーク州バッファローの食料品店で、多数が死傷した銃乱射事件が発生。銃による暴力にどう対処するかをめぐって、政治的な溝が深まっている。

ジョー・バイデン大統領は、今回の最高裁の判決について、「深く失望した」と表明。「常識と憲法の両方に反するもので、誰もが悩まされることになる」と述べた。

ニューヨーク市のエリック・アダムス市長は、銃へのアクセスを制限する他の方法を検討すると説明。銃器購入の申請手続きの厳格化や、特定の場所での禁止措置などが考えられるとした。

「ニューヨークが開拓期の米西部のようになることは許されない」

<関連記事>


一方、全米ライフル協会(NRA)はこの判決を歓迎した。

NRAは、この訴訟の原告のロバート・ナッシュ氏とブランドン・コッチ氏を支援してきた。両ニューヨーク州民は、銃を見えないように持ち歩くための許可証を申請したが認められなかった。二人とも、娯楽用の銃の所有許可はもっている。

アメリカでは、3億9000万丁以上の銃が、一般市民によって所有されている。殺人や自殺を含め、銃器が絡んだ事案での死者は、2020年だけで4万5000人を超えている。

権利拡大の傾向に沿う司法判断

今回の最高裁判決は、銃に関する権利を着実に拡大する流れに沿ったものだ。銃を持ち歩く権利は、家庭と公共の場の両方について、合衆国憲法修正第2条で保障されていると判決は述べた。

ユヴァルディとバッファローの銃乱射事件の直後だったものの、最高裁の保守派判事6人は、修正第2条が定める「武器を保有」の拡大解釈を支持した。

最高裁が銃に関して画期的な判決を出したのは、2010年以来。当時の判決は、家庭内での個人の銃所有権を全米規模で支持した。

こうした判例が積み重なれば、将来の最高裁判事が流れを変え、広範な銃規制を認める方向で憲法を解釈することが、一段と難しくなっていく。

ブライヤー判事は反対意見の中で、アメリカでは今年、銃による暴力でかなりの命が奪われていることに言及。

「年初来だけで、すでに277件の銃乱射事件が報告されている。平均で1日1件以上だ」とした。

(英語記事 Supreme Court ruling expands US gun rightsUS Senate passes first gun control bill in decades

提供元:https://www.bbc.com/japanese/61919651

関連記事

新着記事

»もっと見る