2024年3月2日(土)

世界の記述

2022年12月18日

 モロッコ系フランス人たちの暴徒化に対する不満だけでなく、それ以外のフランス人も母国代表に対し、素直に喜べない部分があるようなのだ。実際、2大会連覇を目指す代表チームの中には、生粋と呼べるフランス人選手は25人中4人しかいない。その他は、フランス国籍を取得したアフリカ出身選手か、コートジボワール、コンゴ、カメルーンなどにルーツのある移民2世や3世だ。

 またややこしいのは、モロッコ代表選手も14人が国外出身で、4人がオランダ、3人がフランス、3人がベルギー、2人がスペイン、1人がイタリアとカナダ生まれだ。ワリド・レグラギ監督もパリ郊外のエソンヌ出身だ。

 要するに、パリやブリュッセルで暴れたモロッコファンたちは、単なるスポーツの戦いとだけ捉えているわけではない。背後には、生粋のフランス人とは同じ待遇を得られない不満や、移民として差別されてきた苦悩などを、スポーツの場を利用して旧宗主国にぶつけているのだ。

「勝つ」ことと「社会の混乱」

 昨今、フランスだけでなく、イタリアでもドイツでも、極右政党の台頭がめまぐるしい。そこには移民政策に寛容になりすぎた欧州に対し、不満を抱く国民が急増しているからだ。スポーツの祭典で、こうした国々が暴徒化する背景には、「生粋vs移民」の問題が根っこにあるからだろう。

 同じフランス人として暮らす移民2世、3世、4世は、先に見た生粋のフランス人の本音を痛いほど感じ取っている。「ホームグロウン(自国育ち)テロリスト」のように、過去に頻発したテロ事件の根底には、移民に対する偏見や差別がフランス社会にあるからだ。

 アラブ系フランス人の男性は、準決勝を目前に、「(フランス代表には)アフリカ人とアラブ人の集まりで、全員が一体だ。われわれには共通点がある。それはアッラー(の神)だ。彼がすべてを創り上げた」と仏ニュース専門局「BFM」のリポーターに語っていた。

 こうした多民族・多文化国家をうまくまとめることは至難の技だ。マクロン大統領が準決勝と決勝に駆けつけたのも、特別な理由があるのだろう。準決勝後には、フランス代表のロッカールームにまで足を運んで勝利を祝った国家元首は、この国がいかに多様性を重視し、さまざまな人種の集まりがフランスの力であるのかを、世界に示したかったのかもしれない。

 フランスが世界規模のスポーツ大会で勝つということは、日本人が考える以上に複雑で、喜べるフランス人とそうでないフランス人が明確に分かれる。しかし、W杯連覇は逃したが、フランス代表の強さの裏には、移民の存在が不可欠であったと言える。

 果たして、「勝つ」ことと「社会の混乱」は、同時進行で起こりかねないことなのか。日本もそう遠くない将来、この課題に直面する日が来るだろう。

 
 『Wedge』2022年12月号では、「平成日本の停滞感 サッカーなら打開できる」を特集しております。全国の書店や駅売店、アマゾンでお買い求めいただけます。 
 平成の時代から続く慢性的な不況に追い打ちをかけたコロナ禍……。 国民全体が「我慢」を強いられ、やり場のない「不安」を抱えてきた。 そうした日々から解放され、感動をもたらす不思議な力が、スポーツにはある。 中でもサッカー界にとって今年は節目の年だ。 30年の歴史を紡いだJリーグ、日本中を熱気に包んだ20年前のW杯日韓大会、 そしていよいよ、カタールで国の威信をかけた戦いが始まる。 ボール一つで、世界のどこでも、誰とでも──。 サッカーを通じて、日本に漂う閉塞感を打開するヒントを探る。

   
▲「Wedge ONLINE」の新着記事などをお届けしています。


新着記事

»もっと見る