2022年10月6日(木)

ブルキナファソ見聞録

2014年2月14日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岡田綾 (おかだ・あや)

JICA職員

1982年兵庫県西宮市生まれ。小学校6年生のときに阪神・淡路大震災を経験。2005年京都大学文学部社会学科、2007年同大学大学院地球環境学舎環境マネジメント専攻修士課程修了。環境やコミュニティ防災について学ぶ。就職活動では、「その人自身のせいではないが、理不尽な境遇におかれてしまった人のために仕事をしたい」と考え、他の関心事項であった「途上国・国際協力」も満たす組織として、独立行政法人国際協力機構(JICA)を志望し、2007年入構。地球環境部、広報室などを経て、アフリカ勤務を希望し、2012年12月よりブルキナファソ事務所に赴任。

「おいしい」の先を考える

 久しぶりに日本へ戻り、おせちも食べたし、家での食事も、外食もした。大人になって好きになったものもあれば、子供の頃から変わらず好きなものもある。ブルキナファソに来てから始めて懐かしく思った日本の味もある。あぁ、あれ食べたいなあ、という欲求に素直に従っていた日本での滞在中、正直に告白してしまうと、試食会でおもしろいなと感じた様々な意見のことはさておき、人にとって「おいしい」というもっともシンプルな感想が1番だなと思えた。久々に家族や友人に会い、なんだかすっかり身ぐるみ剥がされて自分の中の単純な部分しか残らなかったような気分である。とにもかくにもおいしいのは基本。

 そんなリセット期間を経て、また、ブルキナファソに戻って農家の人々と出会うと、この人達と、「おいしい」だけでないその先を考えようという気持ちが湧いてくる。おいしいうえに、選ばれるために必要な条件を満たすもの。勤勉なブルキナファソの人々が脈々と作り続けてきたものに、どうすればさらに魅力を追加できるのか。私が出会った農家の人々もそれを考え始めている。ブルキナファソにも変化の兆しが見えている。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

新着記事

»もっと見る