中国メディアは何を報じているか

2014年12月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

弓野正宏 (ゆみの・まさひろ)

早稲田大学現代中国研究所招聘研究員

1972年生まれ。北京大学大学院修士課程修了、中国社会科学院アメリカ研究所博士課程中退、早稲田大学大学院博士後期課程単位取得退学。早稲田大学現代中国研究所助手、同客員講師を経て同招聘研究員。専門は現代中国政治。中国の国防体制を中心とした論文あり。

「北朝鮮崩壊阻止より、相応の準備をせよ」

 王将軍は李氏による「北朝鮮を放棄」した際に起こりうる3つの可能性(第三国の影響下に陥る、崩壊する、戦火に見舞われる)は誇張しすぎだと指摘する。王将軍は国家の崩壊は外部勢力によるというより、庶民の支持を失えば「崩壊は遅かれ早かれ時間の問題」と言い切る。また、中国は救世主ではなく、崩壊するなら救いようがないとさえも述べる。

 それより中国は相応の準備をすべきだと主張する。6者会談が挫折しても、中国が半島の「戦火」に責任を負うことはありえず、自分を戦火に晒す必要はないと言い切る。中国と北朝鮮の関係は国家関係と共産党と労働党の関係が基礎になっているが、国家利益に基づいて判断すべきであり、北朝鮮を「引き寄せる」のでも「放棄」するのでもないというのが基本的態度であるべきだと主張する。

 中国にとっての北朝鮮の存在は常に問いかけられ、揺れ動いてきた。党の幹部養成校である中央党校機関誌の編集担当者だった鄧聿文氏が「中国は北朝鮮を放棄すべき否か」という文章を発表したのは昨年3月である。北朝鮮をどうするかは中国国内では常にくすぶり続ける火種のようなものだ。今回の論争は中国が北朝鮮問題において直面するジレンマを改めて示したといえるが、中国が国益を巡り韓国と北朝鮮を天秤にかける状況がある限り、両国が昔のような関係にまで回復することは考え難く、この論争が決着を見ることはなく今後もくすぶり続けるだろう。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

編集部おすすめの関連記事

関連記事

新着記事

»もっと見る