地域再生のキーワード

2015年2月4日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 愛の葉ガールズのリーダーである紙崎聖(きよら)さん(19)は「愛媛の農産物のおいしさを知ってもらい、美味しかったよと声をかけられるのがうれしい」と言う。もともと農業に関心があったわけではないが、農作業などを通じて農業の面白さにも気が付いたという。

上演直前の様子

 hプロジェクトを立ち上げた佐々木貴浩社長(46)は、20年にわたってレストランやバーなど飲食店に関わってきた。愛媛県産の農産物の美味しさは熟知していたが、一方でどんどん廃れていく地元の農業にいたたまれなさを感じていた。そんな経験から、アイドルによって農業を売り出すことを思いついたのだ。

 佐々木社長がアイドル・グループに農産物の宣伝だけでなく、農作業もさせようと考えたのには別の狙いがあった。「若い人たちに農業に興味を持ってもらうきっかけになると考えた」。トラクターに乗ったり、鋤や鍬を手にするアイドルたちの姿に、ファンの若者たちが触れることで、彼らが農業を見直すきっかけになるというのだ。

 「良い農産物を作るには、それを作る若い人を育てなければ始まらない」と佐々木社長は言う。実は社名の「h」はヒューマンのh、人だ。農業法人として「人」を育てることを主軸に考えているのだ。

 だが最近困ったことが起きている。

 12年末にデビューした「愛の葉ガールズ」の人気が急速に高まり、東京など遠隔地での公演などが入るようになったのだ。アイドルたちが、なかなか農作業に時間が割けなくなってきたのである。愛の葉ガールズはもちろん学生。公演の本番も農作業も、基本的には土日が中心だ。平日の放課後は歌やダンスのレッスンが待っている。最近では週末は公演で埋まることが圧倒的に増えた。もちろん、公演のスケジュールに関係なく農作物は育っていく。

関連記事

新着記事

»もっと見る