地域再生のキーワード

2015年2月4日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 そこでチームを作って主に担う役割を分け始めた。えのはの頭文字をとって、チームE、チームNなど5つに分類。チームEはタレント13人で、Nは農作業を中心に担う農園チームの2人、Oは企画・営業の3人、Hはブランド推進の3人といった具合に分けたのだ。ブランド推進は「愛の葉」ブランドの加工品の開発なども行う。最後のチームAはまだ誰もいないが、いずれショップ展開を始めた時にそれを担うチームとする計画だ。農家レストランの展開なども検討している。

松山市で行われた「環境都市フォーラム」でステージ出演したチームE

やった分だけ応えてくれる

 チームNで農作業を担う三浦ひかりさん(20)は14年の春に愛媛県立農業大学校を卒業したばかり。家族に農業を営む人は誰もおらず、農業にはまったく無縁で育った。興味を持って農業大学校に進んだが、実際に農業に就けるとは思ってもいなかったという。

ナスを収穫するチームNの三浦ひかりさん

 そんな三浦さんが出会ったのがhプロジェクトだった。今では佐々木社長の義父の松本勲さん(76)に指導を受けながら、農作物作りに励んでいる。コメ、イヨナス、青汁用のケール、みかん、大根など、作物は様々だ。軽トラを駆って田んぼや畑を移動しながら、連日、農作業をこなす。「農作物は、作業をやった分だけ応えてくれるので楽しい」と笑顔が溢れる。

関連記事

新着記事

»もっと見る