炎上?感動?ネットで話題のニュース

2015年1月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田中 結 (たなか・ゆい)

プレスラボ

1985年東京生まれ。グラビア誌の編集、女性向けニュースサイトの編集などを経て、2012年10月から編集プロダクション・プレスラボで編集/ライターとして活動。下北沢勤務、下北沢在住で、完全深夜型のライフスタイルを送る。

 実際にこのタイトルを付けた編集者に確認したところ、「意図的にこのタイトルにしています。『うどんに合わせてテクノをこねる』でもギリギリつじつまは合うと判断したのと、すでに当メディアでテクノうどんをあつかうのが3回目になるので変化もつけました」と回答してくれた。(※ライター注 ギャグを解説させるような無粋なことをして申し訳ございません。ご回答誠にありがとうございました)

 普通にイベント告知をするよりも、釣りタイトルに釣られたユーザーたちがSNSでツッコミを入れるというほうが、断然拡散力もある。結果的に、広くイベントが知られることになるので告知記事としては大成功と言えるのではないだろうか。単純にアクセス増だけを狙う釣りタイトルとは違い、遊び心溢れたいい釣りタイトルだ。ユーザーも積極的に釣られにいっているようにも感じる。

 このようなメディアとユーザーの一体感を感じる「釣り」は個人的には歓迎していきたい。とはいえ今回の例は、メディアのカラーをしっかり築いてきた「ねとらぼ」だからできることだと思うので、この釣りタイトルを初めて見たとき筆者は「うらやましい」という感想が一番で、尊敬の念を込めて紹介させていただいた。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る