家電口論

2015年12月12日

»著者プロフィール
閉じる

多賀一晃 (たが・かずあき)

生活家電.com主宰

スマート家電グランプリ審査員。主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

 

ダイソン「360 eye」

ダイソン ロボット掃除機 「360 eye」 

●ダイソンの代名詞「サイクロンシステム」

ダイソン「360 eye」底面。ローラーは幅一杯広がっている

 今、日本の掃除機市場で最もブランド優位性を持つメーカーはダイソンでしょう。

 その技術的特長でもある「サイクロンシステム」は、完全に市民権を得ました。

 さて、皆さんはダイソンのロボット掃除機と聞いた時、何を期待しますか? 当然「サイクロンシステム」ですよね。

 サイクロンシステム自体は、吸引力が変わらないシステムですが、ダイソンはそれを小型の強力な、ダイソン・デジタルモーターと組み合わせていますからね。

 「吸引力が強く、変わらない、イイ掃除機」がダイソンのイメージです。当然、ロボット掃除機にも、それを期待しますよね。

 が、サイクロンシステムにも弱点があります。それは、システム内で強力な空気の渦巻きを作らなければならないので、ある程度高さが必要である、ということです。

 ところがルンバの稿で話しました通り、標準機であるルンバのサイズは約90ミリ。ダイソンはそれでもサイクロンシステムを入れてきました。高さは、120ミリ。ルンバより約30ミリも高い。

 ロボット掃除機として不利です。私の家でも、掃除ができない所が出てきました。しかしそれ以外の所では、強烈な音を出しながら、どんどん吸って行きます。いかにもダイソンらしい掃除機です。

●強吸引力から導き出されたコンセプト「シングル・パス・クリーン」

 ご自慢のシステムを搭載した「360 eye」の大きな特長は、あと2つあります。

 1つめは、「シングル・パス・クリーン」。単純な言い方をすると、「360 eye」が一度通ったら、そこはもうキレイということです。この様なコンセプトを持った掃除機を私は知りません。通常、ゴミセンサーを取り付け、キレイになるまで往復する機能を持たせます。それをしないわけですから、吸引力に対する強力な自負を感じます。

 しかし「シングル・パス・クリーン」でよいとなると、その他のハードルはグンと下がります。例えば、バッテリー容量。同じ面積をより短い時間で掃除できるので、かなり有利になります。ナビのプログラムもシンプルですみます。

 360 eyeに用いられているのは、最近主流になっているデジタルカメラを使ったナビゲーションシステムです。ナビゲーションの元画は、360°パノラマ撮影された画像で、製品名の由来でもあります。

 ただ、これはダイソン社自体の得意分野とは言えません。ダイソンは、自社の不得手な所は、投資をします。2014年にはロボットに強いインペリアル・カレッジ・ロンドンに500万ポンド(約8億5300万円)投資していますし、バッテリー関連も同様です。

関連記事

新着記事

»もっと見る