2022年9月28日(水)

Wedge REPORT

2016年4月21日

»著者プロフィール

オフショア・リークスで名前、会社、住所まで分かる

 こうして分析されたパナマ文書の一部と言われているデータがICIJのオフショア・リークスというサイトでも見ることができる。このサイトは誰でも検索できるようになっている。実際に試してみよう。最初の検索窓でJpapnを選択すると国籍日本に関するデータが表示される。検索結果は3つのリストに分類され、左から社名、これをクリックすると関係者または仲介した人物の名前、会社、オフショアのダイアグラムが表示される。中央はタックスヘブンに住所を移転した事業所の名称が表示される。右は個人でタックスヘブンを利用しているクライアントの住所、クリックでダイヤグラム表示される。

 公開されたデータは、まだほんの一部であり、グラフも限られた項目だけしか表示されていないようだ。5月上旬には全ての個人及び企業リストが公開される予定なので、無関係を決め込んでいる日本政府も何らかのリアクションを起こすに違いない。

【編集履歴:4月28日】

4ページ、1行目。

「修正前」こうして分析されたパナマ文書の一部はICIJのオフショア・リークスというサイトで順次公開され、誰でも検索できるようになっている。

「修正後」こうして分析されたパナマ文書の一部と言われているデータがICIJのオフショア・リークスというサイトでも見ることができる。このサイトは誰でも検索できるようになっている。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

新着記事

»もっと見る