ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2016年8月8日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

 大事なポイントは、お子さんの現時点がこのステップのどの段階にあるかを冷静に判断することです。子育てにおいてこういうステップを示すと、すぐに「何歳までに出来ているのが普通ですか?」という質問が届くのですが、年齢は関係ありません。お子さんが今、どのステップまで出来ていて、どこから開始していけばストレスなく、気分よく進めていけるかを冷静に判断してあげることにだけ意識を注いでください。

 上手く進めるコツは、親の側の期待はいったん横に置いて、お子さんの気持ちに立って段階を進めてあげることです。

幼児期から始められる計画力の土台作り

〔STEP1〕カレンダーと出会う段階

 キッチンやリビングのカレンダーに、子どもの手で予定を書き込みます。

 最初は、家族で遊びに行く日などお子さんが楽しみにしている予定を書くことから始めると良いでしょう。自分の日々の生活が、カレンダーとつながっていることを目で見ると、「日が経つ」という感覚を持てるようになります。「ディズニーリゾートまであと4日」、「おばあちゃんが来るまであと7日」という感覚と意識は、先々の「テスト前の3日間をどう使おうかな」という意識の下地となります。

〔STEP2〕遊びの予定を聞く段階

 カレンダーを一緒に見ながら、「今週は杏ちゃんといつ遊ぶの?」「この前もらったジグソーパズルはいつやりたい?」と問いかけてあげ、お子さんに遊びの予定を決めるきっかけを与えます。

 また、時計を一緒に見ながら、「今日は何して遊ぶの? 何時まで遊びたい?」と、今日の過ごし方を考えるきっかけを作ります。

 大人が決めたお楽しみ予定を待つのとは違って、自分の遊び予定を自分で決めることに大きな意味があります。時間の使い方は決められるんだと知ることが、計画を立てる意欲の土台となるのです。

関連記事

新着記事

»もっと見る