2024年4月17日(水)

ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2018年8月30日

子どもの自信を育てる親の3原則

 子どもに自分らしさを発揮し、得意を伸ばしてほしいと望む親御さんに、心がけて欲しい3つのポイントがあります。私はそれを「子どもの自信を育てる親の3原則」とよんでいます。

――〈子どもの自信を育てる親の3原則〉―――――――――――――
(1)わが子を認める
(2)わが子を信じて見守る
(3)本人自身が動き出すのを待つ
―――――――――――――――――――――――――――――――

 (1)はわが子の「あるがまま」を認めることです。

 あなたはお子さんが生まれたとき、どんな感情をいだきましたか? 小さくて、か弱いわが子を見たとき、「無事に生まれてきてくれてありがとう」と、今ここにいる存在だけで愛おしく感じたのではないでしょうか?

 寝返りが打てた、ご飯を昨日より一口多く食べられた、そんなことの一つひとつを「できたね」「すごいね」と喜びませんでしたか?

 ところが、子どもが成長すると共に、親の多くは、できないこと足りないことばかりに目が向いてしまいがちです。希望、願望、予定が次々に入ってくるので、「今のままじゃ間に合わない」「早く〇〇させなければ」という思いが勝ってしまうのですね。

 先の予定に目が向いて、その分だけ子ども自身から目が離れてしまっています。

 また、子どものことを認めているつもりで、実は自信育てからは遠ざかっていることもあります。

 「○○できたじゃないか。よし、それでいいんだぞ!」といった関わり方です。

 本人の成果を褒めているようですが、この関わり方はわが子を認めているのではなく、親が評価してしまっています。「アウト!」「セーフ!」とジャッジしているのと変わりません。

 「認める」とは、「あなたは○○しているんだね」「あなたは○○できるんだね」と、わが子をあるがまま受け入れることです。それには、わが子をしっかり観察する必要があります。子どもの行動や反応を通じて、「この子は今、こんなことに興味を持っているんだな」「こんなことを頑張ろうとしているんだな」とわが子を知り、その「あるがままのわが子」を受け入れるのです。

「見守る」とはお互いの距離感を選び直していくこと

 (2)は子どもの力を信じて、自分自身で伸びていけるように見守ることです。

 「見守る」とは、子どもをただ眺めているのとは違います。「見守る」と「眺める」の違いとは、子どもに気持ちが向かっているかどうかです。また、「見守る」ことは、「監視する」こととも違います。

 「見守る」とは、必要な時には手を伸ばしてあげられる距離を保ちながら、自分で決められる自由を本人に渡すことです。

 幼児の時なら、最初はいっしょにやってみて、少し慣れてきたら本人の好きにやらせてあげる。

 もう少し大きくなったら、「いきなりは難しいかな。でも、自分で頑張ろうとしているから、もう少し黙っていようかな」。

 自我が出てきたら、「自分で選ぶだろうから、任せていていいよね」と、子どもの成長を認めながら自分の関わり方を変えていく。

 子どもとの距離感を、選び直していく。

 この見守りが、子どもに安心感を与え、自分でやってみようという意欲へとつながるのです。

 新しく配属された部下を育てる時のことを、思い出してください。最初は一通り説明するでしょうが、徐々に口出しの仕方、指示の出し方を変えて行きますよね。

 いつまでもすべてを指示していたら、伸びません。しかし、まだ独り立ちには程遠い段階で、丸投げのように仕事と責任を渡してしまえば、結果も出せず、自信も意欲も育ちません。

 やはり、日々の成長の様子を観察し、「そろそろ任せてみるかな」と、関わる距離感を選び直すものだと思うのです。

 まして親子は、もともと誰よりも距離が密着しているところからスタートしますから、部下とのそれとは比べのものにならないぐらい、距離感の選び直しが大切になってくるのですね。


新着記事

»もっと見る