日本人秘書が明かす李登輝元総統の知られざる素顔

2018年10月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

早川友久 (はやかわ・ともひさ)

李登輝 元台湾総統 秘書

1977年栃木県足利市生まれで現在、台湾台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業。大学卒業後は、金美齢事務所の秘書として活動。その後、台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に3度の李登輝訪日団スタッフを務めるなどして、メディア対応や撮影スタッフとして、李登輝チームの一員として活動。2012年より李登輝より指名を受け、李登輝総統事務所の秘書として働く。

日本人である私が、李登輝から学ぶこと

 台湾は戦後、40年以上にわたる独裁政権のもと、台湾の人々の耳や口は塞がれ、息を殺して過ごすような日々を強いられた。

 その一方で、汚職や不正がはびこり、子供たちは中国人としての教育を受けさせられ、台湾の人々の価値観や教育が歪められていってしまったのだ。

 それを是正するために進められたのが、李登輝が総統就任後に始めた「精神改革」なのだ。

 ただ、李登輝は「日常の五心」こそ、自分が進めた「精神改革」の手本だと言ったが、それは決して日本を手放しで賛美しているからではない。「素直、反省、謙虚、奉仕、感謝」などを並べたこれらの言葉は、むしろ人類普遍の価値観として学ぶべきものだと李登輝自身が評価しているに他ならないからではないだろうか。

「日常の五心」が書かれた湯呑(筆者提供)

 何の変哲もない湯呑だが、書かれている「日常の五心」について李登輝が話し始めると、日本からの来客は一様にしんみりした顔になる。実を言うと、同時に私自身も毎回襟を正すような気持ちになる。

 というのは、あたかも、台湾人たる李登輝から、日本にはこんな素晴らしい精神があるんだと評価される一方で、これらの精神が今の日本ではどれだけ残っているのか、どれだけ実践されているのか、という疑問を突きつけられているように感じるからだろう。

 私たちがどぎまぎしているなどとは思いもせず、李登輝は「台湾にはまだまだこの精神が足りない。まだ実践が不十分だ」と話し続ける。しかし、この精神は私たち日本人もまた同時に、実践していかなければならないものだと、李登輝から学ぶのである。

連載:日本人秘書が明かす李登輝元総統の知られざる素顔

早川友久(李登輝 元台湾総統 秘書)
1977年栃木県足利市生まれで現在、台湾台北市在住。早稲田大学人間科学部卒業。大学卒業後は、金美齢事務所の秘書として活動。その後、台湾大学法律系(法学部)へ留学。台湾大学在学中に3度の李登輝訪日団スタッフを務めるなどして、メディア対応や撮影スタッフとして、李登輝チームの一員として活動。2012年より李登輝より指名を受け、李登輝総統事務所の秘書として働く。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る