家電口論

2019年3月30日

»著者プロフィール
閉じる

多賀一晃 (たが・かずあき)

生活家電.com主宰

スマート家電グランプリ審査員。主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。また米・食味鑑定士の資格を有する。水、米、パン、珈琲、お茶の味に厳しい。

RFID導入のポイント

 今まで家電などの「耐久消費財」をネットに結びつける「IoT」は行われてきました。しかし、日々の「消費財」は結びつけられてきませんでした。実は、食料品を始めとする「日々の消費」こそ重要なのです。食品がないと冷蔵庫は単なる箱ですし、洗剤がないと洗濯機も役に立ちません。この「日々の消費」のためにもRFIDは注目されています。

 そして、RFID導入のポイントは、「その業界全体」もしくは「全店」導入です。

 酒蔵1つが始めても、情報的には微弱です。情報発信力も弱いので、実サービスにつながりません。今回の実証実験記者会見も、列席者のほとんどの方は、近隣の酒蔵関係者。これはRFID導入を促すためです。「業界全体」を動かそうとするためです。

 「全店」でのRFID導入事例はすでにあります。あの「ユニクロ」がそうです。商品の検品、入荷、在庫管理、棚卸、販売などすべての過程の効率化を目指してのことで、効果は絶大と聞いています。ユーザーメリットもすごく、レジでカゴを置くなり、支払総額が分かってしまいます。またあるはずのサイズがないときでも、RFIDが付いているのでスグ探せます。例え、別の棚に置いてあっても問題ありません。これは「全商品」にRFIDが付いているからできるわけです。

 RFIDは、確かに世の中のインフラを変える可能性を秘めています。が、その恩恵を享受するためには、「業界全体」「店全体」全てが、重要です。このため、RFIDは経産省も注力しています。今後の展開も含め取材を予定しています。

 個人的には、吟醸以上の日本酒には、温度履歴が分かるように、そして冷蔵庫にその読み取りシステムが欲しいです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る