海野素央の Love Trumps Hate

2019年5月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授 心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08年~10年、12年~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年と12年米大統領選挙で研究の一環として日本人で初めてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。激戦州南部バージニア州などで4200軒の戸別訪問を実施。10年、14年及び18年中間選挙において米下院外交委員会に所属するコノリー議員の選挙運動に加わる。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。中西部オハイオ州、ミシガン州並びに東部ペンシルべニア州など11州で3300軒の戸別訪問を行う。20年民主党大統領候補指名争いではバイデン・サンダース両陣営で戸別訪問を実施。南部サウスカロライナ州などで黒人の多い地域を回る。著書に「オバマ再選の内幕」(同友館)など多数。

なぜオバマは支持表明をしないのか?

 バイデン前副大統領が出馬宣言をしても、オバマ前大統領ンは即座に支持表明をしませんでした。民主党候補指名争いの間は公平な立場を貫き、トランプ大統領と対戦する候補が決定してから、支持表明をするというのが一般的な見方です。

 これに関して、一部の米メディアは別の理由があるとみています。筆者もそこに注目しています。

 現在オバマ前大統領は、民主党の次世代のリーダー育成に力を注いでいます。メンター(師)になって若手のリーダーに助言を与えています。米メディアによれれば、オバマ氏は76歳のバイデン氏の出馬を望んでいなかったというのです。

 昨年の米中間選挙で現職のテッド・クルーズ上院議員(共和党・テキサス州)に僅差で敗れた46歳のべト・オルーク元下院議員(民主党・テキサス州)は、米雑誌「バニティ・フェア」とのインタビューで、オバマ前大統領が電話をかけてきて、「素晴らしい選挙だった」と語り、その後ワシントンで大統領選挙出馬について相談にのってくれたことを明かしました。「オバマ二世」と呼ばれるオルーク氏は、民主党候補指名争いに出馬しています。

 オバマ前大統領は民主党における世代交代を望んでいるとみてよいでしょう。一方でアフリカ系の有権者獲得を狙う高齢のバイデン氏は、同系のオバマ氏の支持を必要としています。

関連記事

新着記事

»もっと見る