2022年12月3日(土)

チャイナ・ウォッチャーの視点

2012年2月15日

»著者プロフィール
著者
閉じる

城山英巳 (しろやま・ひでみ)

北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 教授

慶應義塾大学文学部卒業後、時事通信社に入社。計10年の北京特派員を経て2020年から現職。ボーン・上田記念国際記者賞受賞。早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程修了、博士(社会科学)。著書に『天安門ファイル』(中央公論新社)、『マオとミカド』(白水社)など多数。

政治局常務委入りはもはや困難に

 想像力の豊かなネットでこんな筋書きもできている。

 「王立軍が何より恐れたのが、薄熙来の政治的暗殺だった。副市長として米総領事館に面会を求めた王は6日夜、米総領事館に到着し、庇護を求めたが、米側は拒否した。7日午前になって米側は北京(中央)に通報し、中国側は(防諜工作を担当する)国家安全省幹部を派遣することを決定した」

 「7日に北京を通じて王の米総領事館駆け込みを知った重慶市は警察車両を派遣し、王を拘束しようとしたが、北京は拒否し、大量出動させた四川省の警察に命じ、重慶の車両を追い出した。王は国家安全省に引き渡され、8日朝に北京に向かった」

 「重慶に帰るより北京に調べられることを望んだ王は、薄熙来の家族の腐敗を米側に暴露した。中央は10日、黄市長を北京に呼び、事情を聞いた」

 中国誌『新世紀』は、王が9日、腐敗を調査する共産党中央規律検査委員会に移送され、取り調べを受けていると伝えた。「もはや薄熙来氏が政治局常務委入りするのは極めて困難な情勢だ」。北京の複数の中国筋は語った。

◆この記事を読んだ方におすすめの記事
中国共産党の「台風の目」 薄熙来とは何者か (2011.9.20)
「黒」を制し「赤」を煽る中国・重慶市 (2011.8.3)

■変更履歴
2ページ目最終段落内「胡錦濤、温家宝首相、李克強副首相の3人であった」とあったのは、正しくは「胡錦濤、温家宝首相の2人であった」でした。お詫びして訂正します。該当箇所は修正済みです。[2012/2/22 12:18]

◆本連載について
めまぐるしい変貌を遂げる中国。日々さまざまなニュースが飛び込んできますが、そのニュースをどう捉え、どう見ておくべきかを、新進気鋭のジャーナリスト や研究者がリアルタイムで提示します。政治・経済・軍事・社会問題・文化などあらゆる視点から、リレー形式で展開する中国時評です。
◆執筆者
富坂聰氏、石平氏、有本香氏(以上3名はジャーナリスト)
城山英巳氏(時事通信中国総局記者)、平野聡氏(東京大学准教授)
森保裕氏(共同通信論説委員兼編集委員)、岡本隆司氏(京都府立大学准教授)
三宅康之氏(関西学院大学教授)、阿古智子氏(早稲田大学准教授)
◆更新 : 毎週月曜、水曜

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

新着記事

»もっと見る