2022年7月5日(火)

From LA

2020年12月10日

»著者プロフィール
閉じる

土方細秩子 (ひじかた・さちこ)

ジャーナリスト

ボストン大学コミュニケーション学部修士課程終了、パリ、ロサンゼルスでテレビ番組製作に携わり、1993年より米国でフリーランスのジャーナリスト活動を行う。

エンドユーザーの機器の料金をどれくらい下げられるのかがカギ

 また、数が増えればスケールメリットで価格も安くなる可能性はあるものの、現在スターリンクが提供しているのはあくまでβテストで、実際の営業が始まった時の料金がどれくらいになるのかは未定だ。マスク氏も過去のインタビューで「エンドユーザーの機器の料金をどれくらい下げられるのかがカギとなる。今後数年で耐久性があり求めやすい価格の機器を開発していく」と語っている。

 スターリンクには世界各国から期待も集まっている。利用方法として注目されているのが高速鉄道内でのインターネット提供だ。欧州でも国際サービスを提供しているような長距離高速鉄道では、過疎地域を走るためインターネットサービスが途切れる地域を抱える列車もある。こうした列車内で、安定したサービスを提供できるか、という問い合わせがあるという。

 マスク氏の場合、今後テスラ車の通信サービスとスターリンクを組み合わせてより精度の高い自動運転サービスが提供できる、といったメリットもあり、都市部にもサービスを広げたい意向があるだろう。どれだけ競争力のある価格で質の高いサービスを提供できるかが普及のカギとなりそうだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る