オトナの教養 週末の一冊

2020年12月29日

»著者プロフィール
閉じる

関 眞興 (せき・しんこう)

歴史作家・研究家

1944年、三重県生まれ。東京大学文学部卒業後、駿台予備校世界史講師を経て、著述家となる。『学習漫画 世界の歴史』『学習漫画 中国の歴史』シリーズ(以上、集英社)の構成を手がけたほか、著書に『読むだけ世界史 古代~近世』『読むだけ世界史 近現代』(以上、学習研究社)、『総図解 よくわかる世界の紛争・内乱』『さかのぼり世界史』(以上、新人物往来社)、『30の戦いから読む世界史』『キリスト教からよむ世界史』(以上、日経ビジネス人文庫)、『19世紀問題 近代のはじまりを再考する』(PHP研究所)、『世界史の流れをつかむ技術』(洋泉社)など多数。

ロックダウンでグローバリゼーションは強制終了か?

 現代ではグローバリゼーションという言葉が広く使われていますが、新型コロナウィルスの蔓延もグローバリゼーションそのものです。2020年のコロナ禍は、人間社会の抱える問題をリアルに浮かび上がらせてくれました。

 最大の問題は、市民生活を厳しく規制して感染を防止するか、それとも経済振興を続けるかということになります。グローバリゼーションの進んだ現代では、二者択一で解決されない問題であり、試行錯誤を繰り返しながら被害を最小限にしていくのが最善の策ということになるのでしょうが、為政者の力量が問われます。

 そしてもう一つ問われるのが市民の、というより、一人ひとりの人間性の問題になるかもしれません。見えないウィルスの恐怖という生々しい現実を相手に、社会に対してどのような生活態度をとるべきなのかは、難しい問題です。

 模範解答のない問題に取り組むのは学者や政治家だけの責務ではありません。人類は長年、哲学や宗教で深い世界を追求し続け、巷(ちまた)にはこれらの叡智が詰まった知が溢れています。

 厳しい現実を前に、人類の救済のために知を結集させ世界が協力していくのか、あるいはグローバリゼーションの強制終了も辞さない独自の道を歩んでいくのか――2021年はより一層グローバリゼーションの岐路に直面する年といえるでしょう。

 お知らせ:関眞興氏の最新刊『世界史を突き動かした英仏独三国志』(ウェッジ)が好評発売中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る