Wedge REPORT

2021年11月24日

»著者プロフィール

〝予兆〟を掴み
日本の民主主義を守れ

 地方議会が意見書を採択することは法に基づいた権利ではある。だが、地方政治や行政法に詳しい関係者からは、「地方議会として最も重要な役割は外交に関する意見書を提出することではなく、地域に還元する政策立案をすることだ。こうした意見書の作成は立場を表明するためのアピールにすぎない」との声も聞こえてくる。

 誤解を恐れず踏み込んで言えば、さらに多くの地方議会が同様の意見書を採択したところで、それらは地方議会の〝スタンドプレー〟にすぎず、中国側が現在の強硬姿勢を軟化させる可能性は極めて低いだろう。つまり、この問題は地方議会という「点」ではなく、国レベルでの「面」としての対応が求められているということだ。

 外務省OBで元内閣官房副長官補の兼原信克氏は「中国は『相手の思想を支配する』という考えのもとで政策を展開している。日本が政治的な判断をするには、安全保障・経済・人権など、さまざまな要素のバランスを考慮するが、そこに自国としての強い意志や戦略がなければどんどん付けこまれる」と警鐘を鳴らす。

 ミャンマーの政治的混乱に対する日本の姿勢がそうであったように、日本政府としての態度は、「懸念」を表明するにとどまるケースが多い。日本には人権に関連した他国への制裁措置を可能にするための法律がないため、そうせざるを得ないとの主張もある。だが、「懸念」とは本来、発覚した「事実」をもとに表明するものだろう。「法律」を制定せずとも、まずは誰もが発信する権利をもつ「言葉」を駆使して日本の態度を明らかにすべきではないか。

「冷静な態度で毅然と対応すること」と「態度を曖昧にして結果的に黙認すること」は全くの別物だ。岸田文雄首相が任命した人権問題担当の中谷元(げん)首相補佐官の役割も重要になる。岸田首相が就任時の会見で語った「言うべきことは言う」外交の実践が望まれる。今こそ〝日本の姿勢〟を示すときだ。

Wedge12月号では、以下の​特集「日常から国家まで 今日はあなたが狙われる」を組んでいます。全国の書店や駅売店、アマゾンでお買い求めいただけます。
■日常から国家まで 今日はあなたが狙われる
Part1 国民生活から国家までを揺さぶるサイバー空間の闇
山田敏弘(国際ジャーナリスト)
InterviEw1 コロナ感染と相似形 生活インフラを脅かすIoT攻撃
吉岡克成(横浜国立大学大学院環境情報研究院・先端科学高等研究院准教授)
coLumn1 企業を守る手段の一つ リスクに備える「サイバー保険」 編集部
Part2 主戦場となるサイバー空間 〝専守防衛〟では日本を守れない
大澤 淳(中曽根康弘世界平和研究所主任研究員)
Part3 モサド元高官からの警告 「脅威インテリジェンス」を持て
ハイム・トメル(元モサド・インテリジェンス部門トップ)
Part4 狙われる海底ケーブル 中国サイバー部隊はこう攻撃する
山崎文明(情報安全保障研究所首席研究員)
Part5 〝国家〟に狙われる日本企業 経営層の意識変革は待ったなし
川口貴久(東京海上ディーアールビジネスリスク本部主席研究員)
coLumn2 不足するサイバー人材 「総合力」で企業を守れ  編集部
InterviEw2 「公共空間化」するネット空間 国民を守るために必要な機関
中谷 昇(Zホールディングス常務執行役員GCTSO)

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

Wedge 2021年12月号より
日常から国家まで 今日はあなたが狙われる
日常から国家まで 今日はあなたが狙われる

いまやすべての人間と国家が、サイバー攻撃の対象となっている。国境のないネット空間で、日々ハッカーたちが蠢き、さまざまな手で忍び寄る。その背後には誰がいるのか。彼らの狙いは何か。その影響はどこまで拡がるのか─。われわれが日々使うデバイスから、企業の情報・技術管理、そして国家の安全保障へ。すべてが繋がる便利な時代に、国を揺るがす脅威もまた、すべてに繋がっている。

関連記事

新着記事

»もっと見る