田部康喜のTV読本

2013年6月12日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

コラムニスト

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 さらに、自衛隊という組織に対する社会の厳しい目がある。テレビ局の内部には、報道の自由とニュースの内容との間に日々苦闘が続いている。

 「空飛ぶ」は本格的な社会派ドラマである。自衛隊とテレビ局の内部を描こうという企画は、いかに恋愛物の衣装をまとっていたとしても、実現するまでにTBSのなかで論議があったと考える。

 社会派ドラマの成否は、登場人物に視聴者がいかに感情移入できるかにかかっている。若手サラリーパーソンたちは、空井と稲葉のコンビに。そして管理職の人々は、広報室長の鷺坂と阿久津に、日々の組織人としての感慨を重ね合わせることだろう。

 新聞記者から広報室長に転職したわたしは、「空飛ぶ」がドラマでありながら、社会の現実と組織の真実を貫いていると思う。

 感情移入しているのは、柴田恭兵の広報室長である。このシリーズでなんどか触れている「ハゲタカ」(NHK)のなかで、銀行員を演じている。わたしが社会に出た同じ年の入社という設定の役であった。「空飛ぶ」では間もなく退官になる。 (敬称略)


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る