医療を変える「現場の力」

2013年7月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

神保康子 (じんぼ・やすこ)

ライター

広告代理店勤務後独立。一般雑誌や看護師向け情報誌等のライター・カメラマンを経て国際医療福祉大学大学院医療福祉ジャーナリズム分野修士課程修了。主に医療、看護分野の取材、執筆、撮影を行う。

左から薬剤師の大須賀悠子さん、院長の遠矢純一郎さん、看護師の尾山直子さん。

 それでも最近は、地域の病院とのやりとりも増え、「緩和ケアが必要ですが、在宅でここまでできますか」と、問い合わせてくれることも増えてきた。

 入院中や、外来通院している頃から身近な医師として関われたら、退院後や通院が困難になった時もスムーズに在宅へ移行できる。

 遠矢さんたちは今、依頼があれば病院に出向き、在宅で可能な診療について講演し、啓発にも取り組んでいる。

 次回は、地域で暮らす認知症の人を支える「認知症初期集中支援チーム」の活動についてご紹介したい。


「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る