2022年12月8日(木)

科学で斬るスポーツ

2014年5月7日

»著者プロフィール
閉じる

玉村 治 (たまむら・おさむ)

スポーツ科学ジャーナリスト、科学ジャーナリスト

小学校より野球をはじめ、大学では投手として活躍。スポーツを科学的に分析することを得意とし、バンクーバー、ロンドン五輪、ワールドカップサッカーなどで取材。

 そのときの写真がこれだ。

ソチで、「鍋キューブ」で羽生選手と一緒に鍋を囲む栗原さん(味の素提供)

 羽生選手の好物は豚バラ大根だが、味の素の簡単に作れる調味料なども有効活用した。栗原さんらが気をつけたのは、楽しく食事することと、食欲のないときに無理に食べないこと。楽しく食事をすることに目をつけた「うんめぇ」作戦と、1日3回ならいつ食べてもいいとリラックスさせる「チャンス!」作戦を展開した。

練習前後の緻密なアミノ酸摂取

図2 羽生選手向けに考案されたアミノ酸の摂取計画(味の素提供)
拡大画像表示

 練習前後のアミノ酸のサプリメントの活用も綿密な計画を立てた。

 その計画が右の表だ。

 練習前には、競技のパフォーマンスを高めるため、筋肉のたんぱく質(アミノ酸)の分解を防ぐ「BCAA」系、血糖値の低下を防ぐアミノ酸を摂取。トレーニング後は、筋肉のたんぱく質を回復させるアミノ酸を飲んでもらった。睡眠や免疫力を高めるというアミノ酸も合わせて摂取した。

 これらをバランスよく摂取するために開発されたのが、アミノバイタルGOLD、アミノバイタルプロテインなどの商品だ。

 アミノバイタルGOLDは、さまざまなアミノ酸を含んだ粉末がスティック状の袋に入っている。1袋4.7g。このうちBCAA系アミノ酸などが4000mg入り、練習前後に計3回ほど摂取するのが一般的だ。口の中に残らないような味付け、溶けやすい加工技術などの工夫などが施されている。

編集部おすすめの関連記事

新着記事

»もっと見る