2024年7月25日(木)

オトナの教養 週末の一冊

2014年6月14日

――ただ、欧州の「個」をサッカーだけで目指すと、日本社会ではすごく浮いてしまいそうですね。

吉崎:先輩、後輩もなく、日本の教育とは大いに反することが正しいとなるわけで、日本社会の中でサッカー部だけが浮いた世界になる可能性はありますね。ただ逆に、サッカーが発信できるものは何かと考えたときに、「君は誰で何者で、何が出来るのか」と問うことだと思うんです。サッカーとはそういうゲームなんだということを発信して、日本社会の中にも一部にそういう場所が存在すると考えられるようになったほうがいい。

 また、子どもたちに関しては、一般社会とサッカーの世界の違いというダブルスタンダードを持てるのが一番良いと思います。僕は、日本に帰ってきてから欧州のメンタリティでサッカーをしましたが、味方からも敵からも嫌がられるので辞めてしまいましたが(笑)。

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。


新着記事

»もっと見る