未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

2015年7月24日

»著者プロフィール

外見だけでは決められない

 カードに書かれたプロフィールをのぞき読みしたところによると、美女たちは、みな学歴も高く、よい家庭で育った様子で(相談所のプロフィールには、ご両親の学歴や勤務先まで書かれているのだ)、年齢も佐久間さんより7、8歳下から同じくらいまでと、客観的にはちょうどよい感じに見える。

 「……でも、実際に会ってみると、ちやほやされて育ったような子たちばかりで。僕は、外見は派手でも中身はしっかりしていてほしいんですよね。食事をしたら、お金を払わなくてもいいけど財布くらいは出してほしい。『ごちそうされて当たり前』という態度を取られると、『ないな』って思うんです……。前は『いいな』と思ったら、すぐに『付き合いたい』となったけど、今は中身も見たいと思ってしまいます。結婚を意識し始めてから、慎重になったんです」

 それでも相談所に入りさえすれば、なんとかなると思っていた。しかし、1年が経過した今も、何も進展していない。

 そこで、彼はもう一つ、新しく相談所に入ることにした。中高時代の同窓生が開いている相談所から“スカウト”されたからである。

 

探す範囲が広がってゆく

 おおぜいの異性の中から、ベストを探し出そうとする。

 「目当てのもの」がなかったときには、さらに「ほかに探しに行く」。

 佐久間さんのこうした行動は、特別なものではないのかもしれない。

 なぜかというと、私が日常的に行っている婚活の取材でも、同じような話をよく聞くからだ。

 結婚情報サービス(→注・参照)を利用する40歳の男性は、婚活歴が10年になるが、「ダメだったら、また次ですよ」とタイプの美女にしか申し込まない。彼に申し込んでくる女性は、「顔が好みでない」と断っている。

 しかし、私たちはいつからこのように、おおぜいの異性を見ようとするようになってしまったのだろうか? そしてどうしてそのようなことができるようになったのか? 

 次回、迫ってみようと思う。

 注:「結婚情報サービス」とは、結婚を目的とした出会いのための情報を提供するサービスのこと。基本的には仲介者を介せず、自分で探して連絡を取る。

 

⇒第1回後編(本日配信予定)に続く。
 

*プライバシー保護のため、個人に関する事実については一部内容を変更しています。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る