2024年7月15日(月)

金融万事 塞翁が馬

2016年4月27日

トムソン・ロイターも活動中

 世界有数の情報・データ会社であるトムソン・ロイターも、世界中でフィンテック・ベンチャーのエコシステム形成に関わっている。THOMSON REUTERS LABSを運営している他、ここ1~2年だけでも6つのフィンテック・ベンチャー・アクセレレータープログラム(投資・サポート等)に世界11拠点で関わっている。教育機関等との連携プログラムも多い。

 トムソン・ロイターは、金融及びリスク(リスク・ガバナンス・コンプライアンス)情報の分野だけでも世界155カ国以上で、5000以上の金融機関を含む4万以上の事業会社に情報・データを提供しているが、そのプラットフォームはオープンな構成で、多くのパートナー企業との連携によって成り立っている。

 日本では、2016年3月から金融機関・ベンチャー企業・その他フィンテック業界関係者向けに「FinTechの発展を促進するエコシステムの構築に関する研究会」も主催している。顧客、産業、そして社会と共に成長を考えている。

おことわり:本コラムの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、トムソン・ロイターの公式見解を示すものではありません。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。


 


新着記事

»もっと見る